新しいレシピ

ドラマのない休日を

ドラマのない休日を

今年家族がテーブルの周りに集まったときにドラマを最小限に抑えるための10のヒント

Istock / bowdenimages

休日が近づくにつれ、さまざまな親戚やさらに多くの家族の荷物でいっぱいのテーブルの周りにいることに気付くのは避けられません。テーブルの向こう側にグラスやプレートを投げつけようとせずに夜通しやってみようとしています。

私たちの中には家族がテーブルの周りに集まるのを楽しみにしている人もいますが、残りの人は家族から来て、次の素晴らしいハリウッド映画のインスピレーションになる可能性があります-ドラマ、議論、そして一般的なマナーの悪さ。では、ジョーおじさんの隣に座って(そして彼の誇張されたコメントを聞いて)立つことができないとき、あなたはどうしますか?急いで彼に向かって叫び声を上げますか?それとも彼に話させてからすぐに主題を変えますか?

休日が近づくにつれ、さまざまな親戚やさらに多くの家族の荷物でいっぱいのテーブルの周りにいることに気付くのは避けられません。テーブルの向こう側にグラスやプレートを投げつけようとせずに夜通しやってみようとしています。あなたとあなたの姉妹が同じ屋根の下でお祝いのために家に帰るときにいつも起こる議論が今年も起こることを受け入れる代わりに、ゲームの一歩先を行ってください。大ヒット映画のすべてのドラマを含まない家族の思い出をいくつか構築するための10のヒントを使用して、波立たせられた尾羽がないことを確認するために何をすべきかを読んでください。手始めに、喧嘩をしたいという衝動に抵抗し、自分のビジネスを気にかけましょう。兄が赤身の肉を食べない理由を掘り下げないでください(以前はそうだったのですが)。 「私は一人ぼっちだ、誰も私を愛していない」という曲をハミングするのも同じです。 シュレック あなたがいつも不平を言っているときいとこは約 彼らの人生はどれほど難しいか 夕食に。時々、彼らが望んでいるのは、誰かがほんの少しの間彼らに耳を傾け、同情することだけです。


これらすべての人々と一緒にいることは、惨めでドラマチックな体験である必要はありません。最大の問題の1つは、伝統的なノーマンロックウェルの絵に描かれているシーンを再現することへの期待です。笑顔の家族全員がテーブルの周りに座って、彼らがこれから楽しむ完璧に準備された食事を熱心に待っています。これはほとんどの人が経験することとは程遠いので、あなた自身とあなたの家族を少し緩めてみてください。

ドラマのない感謝祭を行うためのヒントは次のとおりです。

  1. あなたの古い期待を置き去りにしてください。 これは、基準を下げる必要があるという意味ではありません。つまり、同じ人が関わっていても、各イベントは異なります。人生経験は変わり、物事はすべての人に起こりました。感謝祭は長年の伝統ですが、これはまったく新しい経験であるという事実を受け入れてください。
  2. 分割された時間を理解する。 あなたとあなたの配偶者が異なる町に家族を持っている場合、あなたは毎年彼らの両方と一緒にいることができない可能性があります。毎年感謝祭を過ごす場所を交互にするなどの解決策を考え出します。怒りや罪悪感なしにこれを行うと、惨めになってしまいます。
  3. 関係の問題に注意してください。 家族が仲良くならない長い歴史があるなら、それを変えるためにあなたができることはおそらく何もないでしょう。ただし、できることの1つは、テーブルの同じ側にいないことを意味する場合でも、イベント中に関係者に行動するように依頼することです。
  4. 伝統を受け入れますが、悲惨なほどではありません。 あなたの家族が感謝祭の習慣を持っているなら、それを保持しようとしても問題はありません。それはストレスとドラマを生み出さない限りです。それぞれの伝統を評価し、それがこの特定のイベントで機能する場合にのみそれに従ってください。最も重要な伝統は、家族や友人を集めて感謝することであることを忘れないでください。
  5. 会話のきっかけを用意してください。 エドナおばさんが助けを借りずに会話を続けることができることを知っていても、新しいディスカッションを開始したり、会話を別の方向に導いたりするために持ち出すことができるいくつかのトピックを準備します。これは、さまざまな宗教、反対の政治的見解、または社会的差異を扱っている場合に特に重要です。
  6. ヘルプを提供します。 座ってホストやホステスを判断するのではなく、あなたの援助を提供してください。物事がうまくいかないと卑劣になるのは簡単ですが、誰かがみんなの感謝祭の思い出を担当するという記念碑的な仕事を引き受けたとき、あなたには判断を下す権利がありません。
  7. いろいろな食べ物を食べましょう。 ゲストが選択できる肉(または肉の代用品)、野菜、デザートが複数ある場合、それらはより幸せになり、空腹のままになることはありません。一部のホストは七面鳥とハムの両方を提供し、ゲストにそれぞれおかずを持ってくるように頼みます。
  8. ペットのストレスを取り除きます。 多くのペットは、家の中に以前よりも多くの人がいるとストレスを感じ、トラウマを抱えて行動する可能性があります。ほんの少しでもこれが起こるかもしれない場合は、彼らがリラックスできる別の部屋に居心地の良い場所を提供してください。パーティーを楽しんでもらいたい場合は、みんなで食べ終わったら持ち出してください。
  9. できるだけ事前の準備をしてください。 大きなイベントの朝まで、すべての料理を残さないでください。メニューに目を通し、何かがうまくいかないことを心配するストレスを防ぐために、メニューに至るまでの数日間に何ができるかを確認してください。
  10. あなたのゲストのホットボタンを知っています。 家族が政治的に分裂している場合は、食事中に政治について話し合わないという基本ルールを設定します。後でそれを持ち出したいのなら、それが許されるかどうかはあなた次第です。これを実施するのは難しいでしょうが、そうすることで、ホリデーシーズン後も長く続く巨大な家族のティフを防ぐことができます。
  11. 食事の選択肢を提供します。 糖尿病の人、グルテンフリーの食事療法に従う必要がある人、アレルギーのある人、または厳格な菜食主義者がいる場合は、彼らが食べることができる料理があることを確認してください。ゲストに伝えずにキャセロールに何かを忍び込もうとしないでください。これは、ゲストのニーズや選択に対する敬意の欠如を示しているためです。
  12. 追加ゲストに備えてください。 誰かが招待されていないゲストをホストと一緒にクリアせずに連れてくるのは失礼ですが、今はそれを大事にする時ではありません。あなたが余分な人または2人のために十分な食物を持っていることを確認してください。これは、あなたが招待した家族や友人への感謝の気持ちを示し、あなたのうらやましいおもてなしの山積みの助けを広げる良い方法です。
  13. 料理の間違いを修正する方法を知っています。 大人数のグループで料理をするときは、必ず何かが起こります。野菜が焦げる場合は、焦げ目がついているものを取り除き、何かを追加します。さいの目に切ったトマト、刻んだナッツ、またはドライフルーツを入れて、別の風味を加えることができます。パンプキンパイが完璧ではない場合は、いつでもホイップクリームを追加して欠陥を隠すことができます。料理の問題には常に解決策があります。
  14. 前後に一人で時間を見つけましょう。 食事の準備の後、ゲストが到着する前に少し静かな時間を過ごしてください。休んでいると、食事中ずっと元気になります。夕食が終わり、最後の食器が片付けられたら、しばらくの間、自由に寝室に行ってください。結局のところ、あなたは優雅なホストまたはホステスになるために一生懸命働いてきました、そしてそれはリラックスして再グループ化する時です。
  15. 旅行のために余分な時間をとってください。 休暇中は高速道路が混雑することを忘れないでください。早めに出発して、旅行のために少し時間を取ってください。可能であれば、一日早くそこに着いて、時計を打ち負かそうとするストレスを感じないようにしてください。

これらすべての人々と一緒にいることは、惨めでドラマチックな体験である必要はありません。最大の問題の1つは、伝統的なノーマンロックウェルの絵に描かれているシーンを再現することへの期待です。笑顔の家族全員がテーブルの周りに座って、彼らがこれから楽しむ完璧に準備された食事を熱心に待っています。これはほとんどの人が経験することとは程遠いので、あなた自身とあなたの家族を少し緩めてみてください。

ドラマのない感謝祭を行うためのヒントは次のとおりです。

  1. あなたの古い期待を置き去りにしてください。 これは、基準を下げる必要があるという意味ではありません。つまり、同じ人が関わっていても、各イベントは異なります。人生経験は変わり、物事はすべての人に起こりました。感謝祭は長年の伝統ですが、これはまったく新しい経験であるという事実を受け入れてください。
  2. 分割された時間を理解する。 あなたとあなたの配偶者が異なる町に家族を持っている場合、あなたは毎年彼らの両方と一緒にいることができない可能性があります。毎年感謝祭を過ごす場所を変えるなどの解決策を考え出します。怒りや罪悪感なしにこれを行うと、惨めになってしまいます。
  3. 関係の問題に注意してください。 家族が仲良くならない長い歴史があるなら、それを変えるためにあなたができることはおそらく何もないでしょう。ただし、できることの1つは、テーブルの同じ側にいないことを意味する場合でも、イベント中に関係者に行動するように依頼することです。
  4. 伝統を受け入れますが、悲惨なほどではありません。 あなたの家族が感謝祭の習慣を持っているなら、それを保持しようとしても問題はありません。それはストレスとドラマを生み出さない限りです。それぞれの伝統を評価し、それがこの特定のイベントで機能する場合にのみそれに従ってください。最も重要な伝統は、家族や友人を集めて感謝することであることを忘れないでください。
  5. 会話のきっかけを用意してください。 エドナおばさんが助けを借りずに会話を続けることができることを知っていても、新しいディスカッションを開始したり、会話を別の方向に導いたりするために持ち出すことができるいくつかのトピックを準備します。これは、さまざまな宗教、反対の政治的見解、または社会的差異を扱っている場合に特に重要です。
  6. ヘルプを提供します。 座ってホストやホステスを判断するのではなく、あなたの援助を提供してください。物事がうまくいかないと卑劣になるのは簡単ですが、誰かがみんなの感謝祭の思い出を担当するという記念碑的な仕事を引き受けたとき、あなたには判断を下す権利がありません。
  7. いろいろな食べ物を食べましょう。 ゲストが選択できる肉(または肉の代用品)、野菜、デザートが複数ある場合、それらはより幸せになり、空腹のままになることはありません。一部のホストは七面鳥とハムの両方を提供し、ゲストにそれぞれおかずを持ってくるように頼みます。
  8. ペットのストレスを取り除きます。 多くのペットは、家の中に以前よりも多くの人がいるとストレスを感じ、トラウマを抱えて行動する可能性があります。ほんの少しでもこれが起こるかもしれない場合は、彼らがリラックスできる別の部屋に居心地の良い場所を提供してください。パーティーを楽しんでもらいたい場合は、みんなで食べ終わったら持ち出してください。
  9. できるだけ事前の準備をしてください。 大きなイベントの朝まで、すべての料理を残さないでください。メニューに目を通し、何かがうまくいかないことを心配するストレスを防ぐために、メニューに至るまでの数日間に何ができるかを確認してください。
  10. あなたのゲストのホットボタンを知っています。 家族が政治的に分裂している場合は、食事中に政治について話し合わないという基本ルールを設定します。後でそれを持ち出したいのなら、それが許されるかどうかはあなた次第です。これを実施するのは難しいでしょうが、そうすることで、ホリデーシーズン後も長く続く巨大な家族のティフを防ぐことができます。
  11. 食事の選択肢を提供します。 糖尿病の人、グルテンフリーの食事療法に従う必要がある人、アレルギーのある人、または厳格な菜食主義者がいる場合は、彼らが食べることができる料理があることを確認してください。ゲストに言わずにキャセロールに何かを忍び込もうとしないでください。これは、ゲストのニーズや選択に対する敬意の欠如を示しているためです。
  12. 追加ゲストに備えてください。 誰かが招待されていないゲストをホストと一緒にクリアせずに連れてくるのは失礼ですが、今はそれを大事にする時ではありません。あなたが余分な人または2人のために十分な食物を持っていることを確認してください。これは、あなたが招待した家族や友人への感謝の気持ちを示し、あなたのうらやましいおもてなしの山積みの助けを広げる良い方法です。
  13. 料理の間違いを修正する方法を知っています。 大人数のグループで料理をするときは、必ず何かが起こります。野菜が焦げた場合は、焦げ目が付いているものを取り除き、何かを追加します。さいの目に切ったトマト、刻んだナッツ、またはドライフルーツを入れて、別の風味を加えることができます。パンプキンパイが完璧ではない場合は、いつでもホイップクリームを追加して欠陥を隠すことができます。料理の問題には常に解決策があります。
  14. 前後に一人で時間を見つけましょう。 食事の準備の後、ゲストが到着する前に少し静かな時間を過ごしてください。休んでいると、食事中ずっと元気になります。夕食が終わり、最後の食器が片付けられたら、しばらくの間、自由に寝室に行ってください。結局のところ、あなたは優雅なホストまたはホステスになるために一生懸命働いてきました、そしてそれはリラックスして再グループ化する時です。
  15. 旅行のために余分な時間をとってください。 休暇中は高速道路が混雑することを忘れないでください。早めに出発して、旅行のために少し時間を取ってください。可能であれば、一日早くそこに着いて、時計を打ち負かそうとするストレスを感じないようにしてください。

これらすべての人々と一緒にいることは、惨めでドラマチックな体験である必要はありません。最大の問題の1つは、伝統的なノーマンロックウェルの絵に描かれているシーンを再現することへの期待です。笑顔の家族全員がテーブルの周りに座って、彼らがこれから楽しむ完璧に準備された食事を熱心に待っています。これはほとんどの人が経験することとは程遠いので、あなた自身とあなたの家族を少し緩めてみてください。

ドラマのない感謝祭を行うためのヒントは次のとおりです。

  1. あなたの古い期待を置き去りにしてください。 これは、基準を下げる必要があるという意味ではありません。つまり、同じ人が関わっていても、各イベントは異なります。人生経験は変わり、物事はすべての人に起こりました。感謝祭は長年の伝統ですが、これはまったく新しい経験であるという事実を受け入れてください。
  2. 分割された時間を理解する。 あなたとあなたの配偶者が異なる町に家族を持っている場合、あなたは毎年彼らの両方と一緒にいることができない可能性があります。毎年感謝祭を過ごす場所を交互にするなどの解決策を考え出します。怒りや罪悪感なしにこれを行うと、惨めになってしまいます。
  3. 関係の問題に注意してください。 家族が仲良くならない長い歴史があるなら、それを変えるためにあなたができることはおそらく何もないでしょう。ただし、できることの1つは、テーブルの同じ側にいないことを意味する場合でも、イベント中に関係者に行動するように依頼することです。
  4. 伝統を受け入れますが、悲惨なほどではありません。 あなたの家族が感謝祭の習慣を持っているなら、それを保持しようとしても問題はありません。それはストレスとドラマを生み出さない限りです。それぞれの伝統を評価し、それがこの特定のイベントで機能する場合にのみそれに従ってください。最も重要な伝統は、家族や友人を集めて感謝することであることを忘れないでください。
  5. 会話のきっかけを用意してください。 エドナおばさんが助けを借りずに会話を続けることができることを知っていても、新しいディスカッションを開始したり、会話を別の方向に導いたりするために持ち出すことができるいくつかのトピックを準備します。これは、さまざまな宗教、反対の政治的見解、または社会的差異を扱っている場合に特に重要です。
  6. ヘルプを提供します。 座ってホストやホステスを判断するのではなく、あなたの援助を提供してください。物事がうまくいかないと卑劣になるのは簡単ですが、誰かがみんなの感謝祭の思い出を担当するという記念碑的な仕事を引き受けたとき、あなたには判断を下す権利がありません。
  7. いろいろな食べ物を食べましょう。 ゲストが選択できる肉(または肉の代用品)、野菜、デザートが複数ある場合、それらはより幸せになり、空腹のままになることはありません。一部のホストは七面鳥とハムの両方を提供し、ゲストにそれぞれおかずを持ってくるように頼みます。
  8. ペットのストレスを取り除きます。 多くのペットは、家の中に以前よりも多くの人がいるとストレスを感じ、トラウマを抱えて行動する可能性があります。ほんの少しでもこれが起こるかもしれない場合は、彼らがリラックスできる別の部屋に居心地の良い場所を提供してください。パーティーを楽しんでもらいたい場合は、みんなで食べ終わったら持ち出してください。
  9. できるだけ事前の準備をしてください。 大きなイベントの朝まで、すべての料理を残さないでください。メニューに目を通し、何かがうまくいかないことを心配するストレスを防ぐために、メニューに至るまでの数日間に何ができるかを確認してください。
  10. あなたのゲストのホットボタンを知っています。 家族が政治的に分裂している場合は、食事中に政治について話し合わないという基本ルールを設定します。後でそれを持ち出したいのなら、それが許されるかどうかはあなた次第です。これを実施するのは難しいでしょうが、そうすることで、ホリデーシーズン後も長く続く巨大な家族のティフを防ぐことができます。
  11. 食事の選択肢を提供します。 糖尿病の人、グルテンフリーの食事療法に従う必要がある人、アレルギーのある人、または厳格な菜食主義者がいる場合は、彼らが食べることができる料理があることを確認してください。ゲストに伝えずにキャセロールに何かを忍び込もうとしないでください。これは、ゲストのニーズや選択に対する敬意の欠如を示しているためです。
  12. 追加ゲストに備えてください。 誰かが招待されていないゲストをホストと一緒にクリアせずに連れてくるのは失礼ですが、今はそれを大事にする時ではありません。あなたが余分な人または2人のために十分な食物を持っていることを確認してください。これは、あなたが招待した家族や友人への感謝の気持ちを示し、あなたのうらやましいおもてなしの山積みの助けを広げる良い方法です。
  13. 料理の間違いを修正する方法を知っています。 大人数のグループで料理をするときは、必ず何かが起こります。野菜が焦げた場合は、焦げ目が付いているものを取り除き、何かを追加します。さいの目に切ったトマト、刻んだナッツ、またはドライフルーツを入れて、別の風味を加えることができます。パンプキンパイが完璧ではない場合は、いつでもホイップクリームを追加して欠陥を隠すことができます。料理の問題には常に解決策があります。
  14. 前後に一人で時間を見つけましょう。 食事の準備の後、ゲストが到着する前に少し静かな時間を過ごしてください。休んでいると、食事中ずっと元気になります。夕食が終わり、最後の料理が片付けられたら、しばらくの間、自由に寝室に行ってください。結局のところ、あなたは優雅なホストまたはホステスになるために一生懸命働いてきました、そしてそれはリラックスして再グループ化する時です。
  15. 旅行のために余分な時間をとってください。 休暇中は高速道路が混雑することを忘れないでください。早めに出発して、旅行のために少し時間を取ってください。可能であれば、一日早くそこに着いて、時計を打ち負かそうとするストレスを感じないようにしてください。

これらすべての人々と一緒にいることは、惨めでドラマチックな体験である必要はありません。最大の問題の1つは、伝統的なノーマンロックウェルの絵に描かれているシーンを再現することへの期待です。笑顔の家族全員がテーブルの周りに座って、彼らがこれから楽しむ完璧に準備された食事を熱心に待っています。これはほとんどの人が経験することとは程遠いので、あなた自身とあなたの家族を少し緩めてみてください。

ドラマのない感謝祭を行うためのヒントは次のとおりです。

  1. あなたの古い期待を置き去りにしてください。 これは、基準を下げる必要があるという意味ではありません。つまり、同じ人が関わっていても、各イベントは異なります。人生経験は変わり、物事はすべての人に起こりました。感謝祭は長年の伝統ですが、これはまったく新しい経験であるという事実を受け入れてください。
  2. 分割された時間を理解する。 あなたとあなたの配偶者が異なる町に家族を持っている場合、あなたは毎年彼らの両方と一緒にいることができない可能性があります。毎年感謝祭を過ごす場所を変えるなどの解決策を考え出します。怒りや罪悪感なしにこれを行うと、惨めになってしまいます。
  3. 関係の問題に注意してください。 家族が仲良くしていない長い歴史があるなら、それを変えるためにあなたができることはおそらく何もないでしょう。ただし、できることの1つは、テーブルの同じ側にいないことを意味する場合でも、イベント中に関係者に行動するように依頼することです。
  4. 伝統を受け入れますが、悲惨なほどではありません。 あなたの家族が感謝祭の習慣を持っているなら、それを保持しようとしても問題はありません。それはストレスとドラマを生み出さない限りです。それぞれの伝統を評価し、それがこの特定のイベントで機能する場合にのみそれに従ってください。最も重要な伝統は、家族や友人を集めて感謝することであることを忘れないでください。
  5. 会話のきっかけを用意してください。 エドナおばさんが助けを借りずに会話を続けることができることを知っていても、新しいディスカッションを開始したり、会話を別の方向に導いたりするために持ち出すことができるいくつかのトピックを準備します。これは、さまざまな宗教、反対の政治的見解、または社会的差異を扱っている場合に特に重要です。
  6. ヘルプを提供します。 座ってホストやホステスを判断するのではなく、あなたの援助を提供してください。物事がうまくいかないと卑劣になるのは簡単ですが、誰かがみんなの感謝祭の思い出を担当するという記念碑的な仕事を引き受けたとき、あなたには判断を下す権利がありません。
  7. いろいろな食べ物を食べましょう。 ゲストが選択できる肉(または肉の代用品)、野菜、デザートが複数ある場合、それらはより幸せになり、空腹のままになることはありません。一部のホストは七面鳥とハムの両方を提供し、ゲストにそれぞれおかずを持ってくるように頼みます。
  8. ペットのストレスを取り除きます。 多くのペットは、家の中に以前よりも多くの人がいるとストレスを感じ、トラウマを抱えて行動する可能性があります。ほんの少しでもこれが起こるかもしれない場合は、彼らがリラックスできる別の部屋に居心地の良い場所を提供してください。パーティーを楽しんでもらいたい場合は、みんなで食べ終わったら持ち出してください。
  9. できるだけ事前の準備をしてください。 大きなイベントの朝まで、すべての料理を残さないでください。メニューに目を通し、何かがうまくいかないことを心配するストレスを防ぐために、メニューに至るまでの数日間に何ができるかを確認してください。
  10. あなたのゲストのホットボタンを知っています。 家族が政治的に分裂している場合は、食事中に政治について話し合わないという基本ルールを設定します。後でそれを持ち出したいのなら、それが許されるかどうかはあなた次第です。これを実施するのは難しいでしょうが、そうすることで、ホリデーシーズン後も長く続く巨大な家族のティフを防ぐことができます。
  11. 食事の選択肢を提供します。 糖尿病の人、グルテンフリーの食事療法に従う必要がある人、アレルギーのある人、または厳格な菜食主義者がいる場合は、彼らが食べることができる料理があることを確認してください。ゲストに伝えずにキャセロールに何かを忍び込もうとしないでください。これは、ゲストのニーズや選択に対する敬意の欠如を示しているためです。
  12. 追加ゲストに備えてください。 誰かが招待されていないゲストをホストと一緒にクリアせずに連れてくるのは失礼ですが、今はそれを大事にする時ではありません。あなたが余分な人または2人のために十分な食物を持っていることを確認してください。これは、あなたが招待した家族や友人への感謝の気持ちを示し、あなたのうらやましいおもてなしの山積みの助けを広げる良い方法です。
  13. 料理の間違いを修正する方法を知っています。 大人数のグループで料理をするときは、必ず何かが起こります。野菜が焦げる場合は、焦げ目がついているものを取り除き、何かを追加します。さいの目に切ったトマト、刻んだナッツ、またはドライフルーツを入れて、別の風味を加えることができます。パンプキンパイが完璧ではない場合は、いつでもホイップクリームを追加して欠陥を隠すことができます。料理の問題には常に解決策があります。
  14. 前後に一人で時間を見つけましょう。 食事の準備の後、ゲストが到着する前に少し静かな時間を過ごしてください。休んでいると、食事中ずっと元気になります。夕食が終わり、最後の料理が片付けられたら、しばらくの間、自由に寝室に行ってください。結局のところ、あなたは優雅なホストまたはホステスになるために一生懸命働いてきました、そしてそれはリラックスして再グループ化する時です。
  15. 旅行のために余分な時間をとってください。 休暇中は高速道路が混雑することを忘れないでください。早めに出発して、旅行のために少し時間を取ってください。可能であれば、一日早くそこに着いて、時計を打ち負かそうとするストレスを感じないようにしてください。

これらすべての人々と一緒にいることは、惨めでドラマチックな体験である必要はありません。最大の問題の1つは、伝統的なノーマンロックウェルの絵に描かれているシーンを再現することへの期待です。笑顔の家族全員がテーブルの周りに座って、彼らがこれから楽しむ完璧に準備された食事を熱心に待っています。これはほとんどの人が経験することとは程遠いので、あなた自身とあなたの家族を少し緩めてみてください。

ドラマのない感謝祭を行うためのヒントは次のとおりです。

  1. あなたの古い期待を置き去りにしてください。 これは、基準を下げる必要があるという意味ではありません。つまり、同じ人が関わっていても、各イベントは異なります。人生経験は変わり、物事はすべての人に起こりました。感謝祭は長年の伝統ですが、これはまったく新しい経験であるという事実を受け入れてください。
  2. 分割された時間を理解する。 あなたとあなたの配偶者が異なる町に家族を持っている場合、あなたは毎年彼らの両方と一緒にいることができない可能性があります。毎年感謝祭を過ごす場所を交互にするなどの解決策を考え出します。怒りや罪悪感なしにこれを行うと、惨めになってしまいます。
  3. 関係の問題に注意してください。 家族が仲良くしていない長い歴史があるなら、それを変えるためにあなたができることはおそらく何もないでしょう。ただし、できることの1つは、テーブルの同じ側にいないことを意味する場合でも、イベント中に関係者に行動するように依頼することです。
  4. 伝統を受け入れますが、悲惨なほどではありません。 あなたの家族が感謝祭の習慣を持っているなら、それを保持しようとしても問題はありません。それはストレスとドラマを生み出さない限りです。それぞれの伝統を評価し、それがこの特定のイベントで機能する場合にのみそれに従ってください。最も重要な伝統は、家族や友人を集めて感謝することであることを忘れないでください。
  5. 会話のきっかけを用意してください。 エドナおばさんが助けを借りずに会話を続けることができることを知っていても、新しいディスカッションを開始したり、会話を別の方向に導いたりするために持ち出すことができるいくつかのトピックを準備します。これは、さまざまな宗教、反対の政治的見解、または社会的差異を扱っている場合に特に重要です。
  6. ヘルプを提供します。 座ってホストやホステスを判断するのではなく、あなたの援助を提供してください。物事がうまくいかないと卑劣になるのは簡単ですが、誰かがみんなの感謝祭の思い出を担当するという記念碑的な仕事を引き受けたとき、あなたには判断を下す権利がありません。
  7. いろいろな食べ物を食べましょう。 ゲストが選択できる肉(または肉の代用品)、野菜、デザートが複数ある場合、それらはより幸せになり、空腹のままになることはありません。一部のホストは七面鳥とハムの両方を提供し、ゲストにそれぞれおかずを持ってくるように頼みます。
  8. ペットのストレスを取り除きます。 多くのペットは、家の中に以前よりも多くの人がいるとストレスを感じ、トラウマを抱えて行動する可能性があります。ほんの少しでもこれが起こるかもしれない場合は、彼らがリラックスできる別の部屋に居心地の良い場所を提供してください。パーティーを楽しんでもらいたい場合は、みんなで食べ終わったら持ち出してください。
  9. できるだけ事前の準備をしてください。 大きなイベントの朝まで、すべての料理を残さないでください。メニューに目を通し、何かがうまくいかないことを心配するストレスを防ぐために、メニューに至るまでの数日間に何ができるかを確認してください。
  10. あなたのゲストのホットボタンを知っています。 家族が政治的に分裂している場合は、食事中に政治について話し合わないという基本ルールを設定します。後でそれを持ち出したいのなら、それが許されるかどうかはあなた次第です。これを実施するのは難しいでしょうが、そうすることで、ホリデーシーズン後も長く続く巨大な家族のティフを防ぐことができます。
  11. 食事の選択肢を提供します。 糖尿病の人、グルテンフリーの食事療法に従う必要がある人、アレルギーのある人、または厳格な菜食主義者がいる場合は、彼らが食べることができる料理があることを確認してください。ゲストに言わずにキャセロールに何かを忍び込もうとしないでください。これは、ゲストのニーズや選択に対する敬意の欠如を示しているためです。
  12. 追加ゲストに備えてください。 誰かが招待されていないゲストをホストと一緒にクリアせずに連れてくるのは失礼ですが、今はそれを大事にする時ではありません。あなたが余分な人または2人のために十分な食物を持っていることを確認してください。これは、あなたが招待した家族や友人への感謝の気持ちを示し、あなたのうらやましいおもてなしの山積みの助けを広げる良い方法です。
  13. 料理の間違いを修正する方法を知っています。 大人数のグループで料理をするときは、必ず何かが起こります。野菜が焦げる場合は、焦げ目がついているものを取り除き、何かを追加します。さいの目に切ったトマト、刻んだナッツ、またはドライフルーツを入れて、別の風味を加えることができます。カボチャのパイが完璧ではない場合は、いつでもホイップクリームを追加して欠陥を隠すことができます。料理の問題には常に解決策があります。
  14. 前後に一人で時間を見つけましょう。 食事の準備の後、ゲストが到着する前に少し静かな時間を過ごしてください。休んでいると、食事中ずっと元気になります。夕食が終わり、最後の食器が片付けられたら、しばらくの間、自由に寝室に行ってください。結局のところ、あなたは優雅なホストまたはホステスになるために一生懸命働いてきました、そしてそれはリラックスして再グループ化する時です。
  15. 旅行のために余分な時間をとってください。 休暇中は高速道路が混雑することを忘れないでください。早めに出発して、旅行のために少し時間を取ってください。可能であれば、一日早くそこに着いて、時計を打ち負かそうとするストレスを感じないようにしてください。

これらすべての人々と一緒にいることは、惨めでドラマチックな体験である必要はありません。最大の問題の1つは、伝統的なノーマンロックウェルの絵に描かれているシーンを再現することへの期待です。笑顔の家族全員がテーブルの周りに座って、彼らがこれから楽しむ完璧に準備された食事を熱心に待っています。これはほとんどの人が経験することとは程遠いので、あなた自身とあなたの家族を少し緩めてみてください。

ドラマのない感謝祭を行うためのヒントは次のとおりです。

  1. あなたの古い期待を置き去りにしてください。 これは、基準を下げる必要があるという意味ではありません。つまり、同じ人が関わっていても、各イベントは異なります。人生経験は変わり、物事はすべての人に起こりました。感謝祭は長年の伝統ですが、これはまったく新しい経験であるという事実を受け入れてください。
  2. 分割された時間を理解する。 あなたとあなたの配偶者が異なる町に家族を持っている場合、あなたは毎年彼らの両方と一緒にいることができない可能性があります。毎年感謝祭を過ごす場所を変えるなどの解決策を考え出します。怒りや罪悪感なしにこれを行うと、惨めになってしまいます。
  3. Be aware of relationship issues. If family members have a long history of not getting along, there is probably nothing you can do to change it. One thing you can do, however, is asking those involved to behave during the event, even if it means not being on the same side of the table.
  4. Embrace traditions but not to the point of misery. If your family has a Thanksgiving custom, there is nothing wrong with trying to hold onto it—that is unless it creates stress and drama. Evaluate each tradition and only follow it if it works for this particular event. Remember that the most important tradition is bringing family and friends together and being thankful.
  5. Be prepared with conversation starters. Even if you know your Aunt Edna can keep the conversation going without any help, prepare a few topics that you can bring up to start a new discussion or steer the conversation in a different direction. This is particularly important if you're dealing with varied religions, opposing political views, or social differences.
  6. Offer help. Rather than sit back and judge the host or hostess, offer your assistance. It's easy to be snarky if things don't go your way, but you don't have the right to pass judgment when someone has taken on the monumental task of being in charge of everyone's Thanksgiving memories.
  7. Have a variety of food. If you have more than one meat (or meat substitute), vegetable and dessert for your guests to choose from, they'll be happier and not leave hungry. Some hosts offer both turkey and ham, and they ask their guests to each bring one side dish.
  8. Remove pet stress. Many pets become stressed when there are more people in the house than they are used to, and they might become traumatized and act out. If you have even the slightest inkling this might happen, provide a cozy spot in another room where they can relax. If you want them to enjoy the party, bring them out after everyone has finished eating, but keep a very close eye on them.
  9. Do as much advance preparation as possible. Don't leave all of the cooking until the morning of the big event. Go over your menu and see what can be done in the days leading up to it to prevent the stress of worry about something not turning out right.
  10. Know the hot buttons of your guests. If you have a politically divided family, set a ground rule that politics will not be discussed during the meal. If people want to bring it up afterward, it's up to you whether or not it's allowed. This will be a difficult one to enforce, but doing so can prevent a huge family tiff that will last long after the holiday season.
  11. Provide dietary options. If you have someone who is diabetic, needs to follow a gluten-free diet, has allergies, or is a strict vegetarian, make sure there are some dishes they can eat. Don't try to sneak something into the casserole without telling your guests because this shows a lack of respect for their needs or choices.
  12. Be prepared for extra guests. Although it's rude for someone to bring an uninvited guest without clearing it with the host, this is not the time to make a big deal of it. Make sure you have enough food for an extra person or two. This is a good way to show your gratitude for the family and friends you did invite and to extend a heaping helping of your enviable hospitality.
  13. Know how to fix cooking mistakes. When you cook for a large group, something is bound to happen. If the vegetables scorch, remove the ones with burn marks and add something else. You can toss in some diced tomatoes, chopped nuts, or dried fruit to add another layer of flavor. If the pumpkin pie is less than perfect, you can always add more whipped cream to cover up the flaws. There's always a solution to any cooking problem.
  14. Find some alone time beforehand and afterward. Spend a little quiet time after meal preparation and before the guests arrive. If you're rested, you'll be quite a bit more cheerful throughout the meal. When the dinner is over and the last of the dishes have been put away, feel free to go into your bedroom for some time to yourself. After all, you've worked hard being a gracious host or hostess, and it's time to relax and regroup.
  15. Allow extra time for travel. Don't forget that the highways become congested during the holidays, so start early and give yourself some extra time for the trip. If possible, get there a day early so you won't feel the stress of trying to beat the clock.

Being with all of these people doesn't have to be a miserable, high-drama experience. One of the biggest problems is expectations of recreating a scene depicted in the traditional Norman Rockwell painting with a smiling family all sitting around the table, eagerly awaiting the perfectly prepared meal they're about to enjoy. This is nowhere near what most people experience, so try to cut yourself and your family some slack.

Here are some tips for having a drama-free Thanksgiving:

  1. Leave your old expectations behind. This doesn't mean that you have to lower your standards. What it means is that each event is different, even when you have the same people involved. Life experiences have changed, and things have happened to everyone. Accept the fact that, although Thanksgiving is a longstanding tradition, this is a completely new experience.
  2. Be understanding of divided time. If you and your spouse have families in different towns, it's likely you won't be able to be with both of them every single year. Come up with a solution, like alternating where you spend Thanksgiving each year. Do this without anger or guilt, or you'll wind up miserable.
  3. Be aware of relationship issues. If family members have a long history of not getting along, there is probably nothing you can do to change it. One thing you can do, however, is asking those involved to behave during the event, even if it means not being on the same side of the table.
  4. Embrace traditions but not to the point of misery. If your family has a Thanksgiving custom, there is nothing wrong with trying to hold onto it—that is unless it creates stress and drama. Evaluate each tradition and only follow it if it works for this particular event. Remember that the most important tradition is bringing family and friends together and being thankful.
  5. Be prepared with conversation starters. Even if you know your Aunt Edna can keep the conversation going without any help, prepare a few topics that you can bring up to start a new discussion or steer the conversation in a different direction. This is particularly important if you're dealing with varied religions, opposing political views, or social differences.
  6. Offer help. Rather than sit back and judge the host or hostess, offer your assistance. It's easy to be snarky if things don't go your way, but you don't have the right to pass judgment when someone has taken on the monumental task of being in charge of everyone's Thanksgiving memories.
  7. Have a variety of food. If you have more than one meat (or meat substitute), vegetable and dessert for your guests to choose from, they'll be happier and not leave hungry. Some hosts offer both turkey and ham, and they ask their guests to each bring one side dish.
  8. Remove pet stress. Many pets become stressed when there are more people in the house than they are used to, and they might become traumatized and act out. If you have even the slightest inkling this might happen, provide a cozy spot in another room where they can relax. If you want them to enjoy the party, bring them out after everyone has finished eating, but keep a very close eye on them.
  9. Do as much advance preparation as possible. Don't leave all of the cooking until the morning of the big event. Go over your menu and see what can be done in the days leading up to it to prevent the stress of worry about something not turning out right.
  10. Know the hot buttons of your guests. If you have a politically divided family, set a ground rule that politics will not be discussed during the meal. If people want to bring it up afterward, it's up to you whether or not it's allowed. This will be a difficult one to enforce, but doing so can prevent a huge family tiff that will last long after the holiday season.
  11. Provide dietary options. If you have someone who is diabetic, needs to follow a gluten-free diet, has allergies, or is a strict vegetarian, make sure there are some dishes they can eat. Don't try to sneak something into the casserole without telling your guests because this shows a lack of respect for their needs or choices.
  12. Be prepared for extra guests. Although it's rude for someone to bring an uninvited guest without clearing it with the host, this is not the time to make a big deal of it. Make sure you have enough food for an extra person or two. This is a good way to show your gratitude for the family and friends you did invite and to extend a heaping helping of your enviable hospitality.
  13. Know how to fix cooking mistakes. When you cook for a large group, something is bound to happen. If the vegetables scorch, remove the ones with burn marks and add something else. You can toss in some diced tomatoes, chopped nuts, or dried fruit to add another layer of flavor. If the pumpkin pie is less than perfect, you can always add more whipped cream to cover up the flaws. There's always a solution to any cooking problem.
  14. Find some alone time beforehand and afterward. Spend a little quiet time after meal preparation and before the guests arrive. If you're rested, you'll be quite a bit more cheerful throughout the meal. When the dinner is over and the last of the dishes have been put away, feel free to go into your bedroom for some time to yourself. After all, you've worked hard being a gracious host or hostess, and it's time to relax and regroup.
  15. Allow extra time for travel. Don't forget that the highways become congested during the holidays, so start early and give yourself some extra time for the trip. If possible, get there a day early so you won't feel the stress of trying to beat the clock.

Being with all of these people doesn't have to be a miserable, high-drama experience. One of the biggest problems is expectations of recreating a scene depicted in the traditional Norman Rockwell painting with a smiling family all sitting around the table, eagerly awaiting the perfectly prepared meal they're about to enjoy. This is nowhere near what most people experience, so try to cut yourself and your family some slack.

Here are some tips for having a drama-free Thanksgiving:

  1. Leave your old expectations behind. This doesn't mean that you have to lower your standards. What it means is that each event is different, even when you have the same people involved. Life experiences have changed, and things have happened to everyone. Accept the fact that, although Thanksgiving is a longstanding tradition, this is a completely new experience.
  2. Be understanding of divided time. If you and your spouse have families in different towns, it's likely you won't be able to be with both of them every single year. Come up with a solution, like alternating where you spend Thanksgiving each year. Do this without anger or guilt, or you'll wind up miserable.
  3. Be aware of relationship issues. If family members have a long history of not getting along, there is probably nothing you can do to change it. One thing you can do, however, is asking those involved to behave during the event, even if it means not being on the same side of the table.
  4. Embrace traditions but not to the point of misery. If your family has a Thanksgiving custom, there is nothing wrong with trying to hold onto it—that is unless it creates stress and drama. Evaluate each tradition and only follow it if it works for this particular event. Remember that the most important tradition is bringing family and friends together and being thankful.
  5. Be prepared with conversation starters. Even if you know your Aunt Edna can keep the conversation going without any help, prepare a few topics that you can bring up to start a new discussion or steer the conversation in a different direction. This is particularly important if you're dealing with varied religions, opposing political views, or social differences.
  6. Offer help. Rather than sit back and judge the host or hostess, offer your assistance. It's easy to be snarky if things don't go your way, but you don't have the right to pass judgment when someone has taken on the monumental task of being in charge of everyone's Thanksgiving memories.
  7. Have a variety of food. If you have more than one meat (or meat substitute), vegetable and dessert for your guests to choose from, they'll be happier and not leave hungry. Some hosts offer both turkey and ham, and they ask their guests to each bring one side dish.
  8. Remove pet stress. Many pets become stressed when there are more people in the house than they are used to, and they might become traumatized and act out. If you have even the slightest inkling this might happen, provide a cozy spot in another room where they can relax. If you want them to enjoy the party, bring them out after everyone has finished eating, but keep a very close eye on them.
  9. Do as much advance preparation as possible. Don't leave all of the cooking until the morning of the big event. Go over your menu and see what can be done in the days leading up to it to prevent the stress of worry about something not turning out right.
  10. Know the hot buttons of your guests. If you have a politically divided family, set a ground rule that politics will not be discussed during the meal. If people want to bring it up afterward, it's up to you whether or not it's allowed. This will be a difficult one to enforce, but doing so can prevent a huge family tiff that will last long after the holiday season.
  11. Provide dietary options. If you have someone who is diabetic, needs to follow a gluten-free diet, has allergies, or is a strict vegetarian, make sure there are some dishes they can eat. Don't try to sneak something into the casserole without telling your guests because this shows a lack of respect for their needs or choices.
  12. Be prepared for extra guests. Although it's rude for someone to bring an uninvited guest without clearing it with the host, this is not the time to make a big deal of it. Make sure you have enough food for an extra person or two. This is a good way to show your gratitude for the family and friends you did invite and to extend a heaping helping of your enviable hospitality.
  13. Know how to fix cooking mistakes. When you cook for a large group, something is bound to happen. If the vegetables scorch, remove the ones with burn marks and add something else. You can toss in some diced tomatoes, chopped nuts, or dried fruit to add another layer of flavor. If the pumpkin pie is less than perfect, you can always add more whipped cream to cover up the flaws. There's always a solution to any cooking problem.
  14. Find some alone time beforehand and afterward. Spend a little quiet time after meal preparation and before the guests arrive. If you're rested, you'll be quite a bit more cheerful throughout the meal. When the dinner is over and the last of the dishes have been put away, feel free to go into your bedroom for some time to yourself. After all, you've worked hard being a gracious host or hostess, and it's time to relax and regroup.
  15. Allow extra time for travel. Don't forget that the highways become congested during the holidays, so start early and give yourself some extra time for the trip. If possible, get there a day early so you won't feel the stress of trying to beat the clock.

Being with all of these people doesn't have to be a miserable, high-drama experience. One of the biggest problems is expectations of recreating a scene depicted in the traditional Norman Rockwell painting with a smiling family all sitting around the table, eagerly awaiting the perfectly prepared meal they're about to enjoy. This is nowhere near what most people experience, so try to cut yourself and your family some slack.

Here are some tips for having a drama-free Thanksgiving:

  1. Leave your old expectations behind. This doesn't mean that you have to lower your standards. What it means is that each event is different, even when you have the same people involved. Life experiences have changed, and things have happened to everyone. Accept the fact that, although Thanksgiving is a longstanding tradition, this is a completely new experience.
  2. Be understanding of divided time. If you and your spouse have families in different towns, it's likely you won't be able to be with both of them every single year. Come up with a solution, like alternating where you spend Thanksgiving each year. Do this without anger or guilt, or you'll wind up miserable.
  3. Be aware of relationship issues. If family members have a long history of not getting along, there is probably nothing you can do to change it. One thing you can do, however, is asking those involved to behave during the event, even if it means not being on the same side of the table.
  4. Embrace traditions but not to the point of misery. If your family has a Thanksgiving custom, there is nothing wrong with trying to hold onto it—that is unless it creates stress and drama. Evaluate each tradition and only follow it if it works for this particular event. Remember that the most important tradition is bringing family and friends together and being thankful.
  5. Be prepared with conversation starters. Even if you know your Aunt Edna can keep the conversation going without any help, prepare a few topics that you can bring up to start a new discussion or steer the conversation in a different direction. This is particularly important if you're dealing with varied religions, opposing political views, or social differences.
  6. Offer help. Rather than sit back and judge the host or hostess, offer your assistance. It's easy to be snarky if things don't go your way, but you don't have the right to pass judgment when someone has taken on the monumental task of being in charge of everyone's Thanksgiving memories.
  7. Have a variety of food. If you have more than one meat (or meat substitute), vegetable and dessert for your guests to choose from, they'll be happier and not leave hungry. Some hosts offer both turkey and ham, and they ask their guests to each bring one side dish.
  8. Remove pet stress. Many pets become stressed when there are more people in the house than they are used to, and they might become traumatized and act out. If you have even the slightest inkling this might happen, provide a cozy spot in another room where they can relax. If you want them to enjoy the party, bring them out after everyone has finished eating, but keep a very close eye on them.
  9. Do as much advance preparation as possible. Don't leave all of the cooking until the morning of the big event. Go over your menu and see what can be done in the days leading up to it to prevent the stress of worry about something not turning out right.
  10. Know the hot buttons of your guests. If you have a politically divided family, set a ground rule that politics will not be discussed during the meal. If people want to bring it up afterward, it's up to you whether or not it's allowed. This will be a difficult one to enforce, but doing so can prevent a huge family tiff that will last long after the holiday season.
  11. Provide dietary options. If you have someone who is diabetic, needs to follow a gluten-free diet, has allergies, or is a strict vegetarian, make sure there are some dishes they can eat. Don't try to sneak something into the casserole without telling your guests because this shows a lack of respect for their needs or choices.
  12. Be prepared for extra guests. Although it's rude for someone to bring an uninvited guest without clearing it with the host, this is not the time to make a big deal of it. Make sure you have enough food for an extra person or two. This is a good way to show your gratitude for the family and friends you did invite and to extend a heaping helping of your enviable hospitality.
  13. Know how to fix cooking mistakes. When you cook for a large group, something is bound to happen. If the vegetables scorch, remove the ones with burn marks and add something else. You can toss in some diced tomatoes, chopped nuts, or dried fruit to add another layer of flavor. If the pumpkin pie is less than perfect, you can always add more whipped cream to cover up the flaws. There's always a solution to any cooking problem.
  14. Find some alone time beforehand and afterward. Spend a little quiet time after meal preparation and before the guests arrive. If you're rested, you'll be quite a bit more cheerful throughout the meal. When the dinner is over and the last of the dishes have been put away, feel free to go into your bedroom for some time to yourself. After all, you've worked hard being a gracious host or hostess, and it's time to relax and regroup.
  15. Allow extra time for travel. Don't forget that the highways become congested during the holidays, so start early and give yourself some extra time for the trip. If possible, get there a day early so you won't feel the stress of trying to beat the clock.

Being with all of these people doesn't have to be a miserable, high-drama experience. One of the biggest problems is expectations of recreating a scene depicted in the traditional Norman Rockwell painting with a smiling family all sitting around the table, eagerly awaiting the perfectly prepared meal they're about to enjoy. This is nowhere near what most people experience, so try to cut yourself and your family some slack.

Here are some tips for having a drama-free Thanksgiving:

  1. Leave your old expectations behind. This doesn't mean that you have to lower your standards. What it means is that each event is different, even when you have the same people involved. Life experiences have changed, and things have happened to everyone. Accept the fact that, although Thanksgiving is a longstanding tradition, this is a completely new experience.
  2. Be understanding of divided time. If you and your spouse have families in different towns, it's likely you won't be able to be with both of them every single year. Come up with a solution, like alternating where you spend Thanksgiving each year. Do this without anger or guilt, or you'll wind up miserable.
  3. Be aware of relationship issues. If family members have a long history of not getting along, there is probably nothing you can do to change it. One thing you can do, however, is asking those involved to behave during the event, even if it means not being on the same side of the table.
  4. Embrace traditions but not to the point of misery. If your family has a Thanksgiving custom, there is nothing wrong with trying to hold onto it—that is unless it creates stress and drama. Evaluate each tradition and only follow it if it works for this particular event. Remember that the most important tradition is bringing family and friends together and being thankful.
  5. Be prepared with conversation starters. Even if you know your Aunt Edna can keep the conversation going without any help, prepare a few topics that you can bring up to start a new discussion or steer the conversation in a different direction. This is particularly important if you're dealing with varied religions, opposing political views, or social differences.
  6. Offer help. Rather than sit back and judge the host or hostess, offer your assistance. It's easy to be snarky if things don't go your way, but you don't have the right to pass judgment when someone has taken on the monumental task of being in charge of everyone's Thanksgiving memories.
  7. Have a variety of food. If you have more than one meat (or meat substitute), vegetable and dessert for your guests to choose from, they'll be happier and not leave hungry. Some hosts offer both turkey and ham, and they ask their guests to each bring one side dish.
  8. Remove pet stress. Many pets become stressed when there are more people in the house than they are used to, and they might become traumatized and act out. If you have even the slightest inkling this might happen, provide a cozy spot in another room where they can relax. If you want them to enjoy the party, bring them out after everyone has finished eating, but keep a very close eye on them.
  9. Do as much advance preparation as possible. Don't leave all of the cooking until the morning of the big event. Go over your menu and see what can be done in the days leading up to it to prevent the stress of worry about something not turning out right.
  10. Know the hot buttons of your guests. If you have a politically divided family, set a ground rule that politics will not be discussed during the meal. If people want to bring it up afterward, it's up to you whether or not it's allowed. This will be a difficult one to enforce, but doing so can prevent a huge family tiff that will last long after the holiday season.
  11. Provide dietary options. If you have someone who is diabetic, needs to follow a gluten-free diet, has allergies, or is a strict vegetarian, make sure there are some dishes they can eat. Don't try to sneak something into the casserole without telling your guests because this shows a lack of respect for their needs or choices.
  12. Be prepared for extra guests. Although it's rude for someone to bring an uninvited guest without clearing it with the host, this is not the time to make a big deal of it. Make sure you have enough food for an extra person or two. This is a good way to show your gratitude for the family and friends you did invite and to extend a heaping helping of your enviable hospitality.
  13. Know how to fix cooking mistakes. When you cook for a large group, something is bound to happen. If the vegetables scorch, remove the ones with burn marks and add something else. You can toss in some diced tomatoes, chopped nuts, or dried fruit to add another layer of flavor. If the pumpkin pie is less than perfect, you can always add more whipped cream to cover up the flaws. There's always a solution to any cooking problem.
  14. Find some alone time beforehand and afterward. Spend a little quiet time after meal preparation and before the guests arrive. If you're rested, you'll be quite a bit more cheerful throughout the meal. When the dinner is over and the last of the dishes have been put away, feel free to go into your bedroom for some time to yourself. After all, you've worked hard being a gracious host or hostess, and it's time to relax and regroup.
  15. Allow extra time for travel. Don't forget that the highways become congested during the holidays, so start early and give yourself some extra time for the trip. If possible, get there a day early so you won't feel the stress of trying to beat the clock.


ビデオを見る: 財前直見ドラマ佐々木譲サスペンス北海道警察 巡査の休日 (1月 2022).