新しいレシピ

最高のイタリア料理本

最高のイタリア料理本


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

過去25年間で最高のイタリア料理本のトップ9ピックを見つけてください。

イタリア料理本トップ9

イタリア料理はアメリカ人にとても愛されているので、私たちは皆、祖母が旧国に戻って、新鮮なパスタを作り、うがいをしていると思うでしょう。 ヴィーノディタヴォラ 怠惰な猫を自家製リコッタのボウルから追い払っている間。アメリカの味覚が洗練されるにつれて、アメリカの解釈がそのルーツに近づく料理です。今では、新鮮なソラマメ、ナッツのファッロ、ジューシーなローストポーク、わずかながら風味豊かな絹のような手作り麺など、各地域を定義する特定の料理に飢えています。ソース。本物のおいしいイタリアンレシピを探している料理人は、これらの受賞者のページで大きな喜びを見つけるでしょう。

  • 過去25年間の最高の料理本をもっと見る

クラシックなイタリア料理の必需品

クラシックなイタリア料理の必需品 マルセラ・ハザン著、アルフレッド・A・ノップフ、1992年。ハードカバー。 35ドル; 688ページ

最愛の料理の権威であるマルセラハザンのこの本は、名目上は彼女の以前の2冊の本をまとめたものですが、実際にはそれ以上のものです。 Hazanは再テスト、更新、そしてほとんどの場合、レシピを完全に書き直して、それぞれがより焦点を絞って美味しくするようにしました。一部のレシピは削除され、新しいレシピが交換されました。その結果は、20年後、一種のイタリア料理の芸術をマスターするものとして表れています。コレクションにイタリア料理の本を1つだけ選択する必要がある場合は、これがイタリア料理の500レシピのカタログです。

これを与える:棚に料理のバイブルをストックする料理人。 —アダム・ヒックマン

ビバのイタリア

ビバのイタリア:素晴らしい都市からのお気に入りのレシピ ビバ・カッジャーノ著、職人、2006年。30ドル。 320ページ

この抑制された本は、レシピ形式のイタリアの都市への一連のラブレターであり、コンパクト(100レシピ強)、明確(レシピはトスカーナのファッロスープのような名前を単純に翻訳したもの)、エレガント(レトロなタイポグラフィ、デュオトーンの写真)です。

レシピは、簡単な農民の料理からより手の込んだ準備まであり、すべてが本物の場所を感じます。全体的に、この本は心地よく瞑想的だと感じています。おそらく、トスカーナの丘のオリーブの木の下でワインを飲みながら、または少なくともソファでそれを夢見ている間、熟読したいボリュームです。

これを与える:イタロフィリアとビブリオフィリア。 —ティファニービッカースデイビス

ショウブ&ビターハニー

甘いマートルと苦い蜂蜜:サルデーニャの地中海の味 Efisio Farris、Rizzoli、2007年。40ドル。 272ページ

サルデーニャは、アメリカにおけるイタリア料理の最後のフロンティアの1つです。島の乾燥したボラの卵であるボッタルガは、近年、高級なシェフのパスタに登場しましたが、サルデーニャ料理の長く豊かな歴史は、アメリカの味覚にとって異質なままです。この本をあなたのおいしい紹介にしましょう。

レシピタイトルのサルデーニャ語訳を必ずチェックしてください。いい感じです。

これを与える: イタリアの味の限界を押し広げたい料理人。 —ティム・セブラ

ヴェルデュラ

ヴェルデュラ:野菜イタリアンスタイル Viana La Place、Grub Street、1991年。ペーパーバック。 25ドル; 320ページ

その時よりずっと前の本、 ヴェルデュラ 21年前に提案されたのは、野菜が食事の中心になるべきだという驚くべきアイデアです。それでも、新鮮なものすべてに刺激的なテイクを提供します。野菜には前菜の処理が施され、サラダ、スープ、パスタ、ピザ、フリッタータなど(フルーツベースのデザートを含む)が入れられます。

これを与える:プロデュース愛好家、市場参加者。 —ティファニービッカースデイビス

ジェイミーのイタリア

ジェイミーのイタリア ジェイミー・オリバー著、Hyperion、2006年。35ドル。 319ページ

愛想の良い英国人シェフのジェイミー・オリバーは、食べ物が家族の中心であり続ける毎日のイタリアの家庭をのぞきます。彼は国をツアーし、その話が彼を魅了し、この本を作成するように促した家庭料理人、農家、生産者を紹介します。彼の会話の執筆は、あなたが乗り物に乗っているように感じさせます—そしてそれがどんな乗り物であるか。 「[イタリアの精神]を体験してほしい」とオリバーは書いている。 「ここで見たことがあるので、パレルモのサッカーポスターの壁を通り過ぎて笑ってほしい。プーリアのバーリの町でポレンタを作っている老婆を見つけに行ってほしい...キアンティのパンツァーノにある肉屋のダリオに会いに行って手を振ってほしい。」

これを与える:イタリアンを味わいたいジェイミーファン。 —デブワイズ

素朴なイタリア料理

素朴なイタリア料理 マーク・ベトリとデビッド・ヨアヒム、テン・スピード・プレス、2011年。35ドル。 291ページ

この本では、フィラデルフィアを拠点とするシェフ、マークベトリのあふれんばかりの意見のある声(「部分スキムモッツァレラチーズの使用を考えているなら、考えないでください」)と彼の料理への愛情という2つのことが大きな力で伝わってきます。 (「パスタを作るのはお尻の痛みだと言われます。私にとって、これ以上リラックスできるものはありません。」)シンプルで実践的なゼロからの料理がここでの取引です。ほとんどのレシピは「より少ない材料、より良い品質」の概念に固執しますが、いくつかは深刻な時間の投資を必要とします。

これを与える:プロジェクトに飛び込むのが大好きな野心的な料理人。 —シドニーフライ、MS、RD

12

12:トスカーナ料理の本 テッサ・キロス著、Whitecap Books、2005年。30ドル。 415ページ

この本の12の主要な章は、トスカーナで毎年最高で新鮮なものを記録しています。 4月は、キロスが興味深いことに、パルメザンチーズをかぶったおいしいリゾットにイチゴを入れます。11月は無数の肉を意味します。毎月のフレームワーク内で、約250のレシピが前菜、メインコース、野菜のおかず、デザートをカバーしています。ほとんどすべてのレシピはシンプルでわかりやすく、材料リストが短いです。 2月の章で見つかったオレキエッテアイブロッコリーは、7つの成分のみを使用していますが、ニンニク、赤唐辛子、アンチョビから驚くべき深さを実現しています。

これを与える:季節のインスピレーションを求めている料理人。 —アダム・ヒックマン

イタリアの祖母との料理

イタリアの祖母との料理:トスカーナからシチリアまでのレシピとストーリー Jessica Theroux著、Welcome Books、2010年。40ドル。 295ページ

1年間、ジェシカセロウはイタリアを旅し、8つの異なる地域に上陸し、12人の著名な家庭料理人の家に身を寄せました。それぞれの祖母は彼女の地域で最高の料理人であると評判であり、Therouxは彼女が学んだことに章を捧げます:カラブリアのラファエラからの伝統的なパンの方法。トスカーナのブルーナからの専門家のウサギの肉屋と料理。ロンバルディア州のジョバンナ産のカボチャと砕いたアマレッティを詰めた手作りのトルテッローニ。それぞれの女性は「私たちをつなぐ食べ物の力について何かを教えました。私たち自身、私たちの歴史、私たちの土地、私たちの文化、私たちの過去と現在の瞬間に。」

これを与える:料理のメンターを探しているアームチェアの旅行者。 —ヴァネッサ・プルエット

リディアの家族の表

リディアの家族の表リディア・バスティアニッチ著、Knopf、2004年。35ドル。 419ページ

魅力的で実用的なこの本は、あなたを国内で最も偉大なイタリア料理人の一人の家に連れて行ってくれます。写真は、子供や孫が楽しく料理や食事をするバスティアニッチのキッチンを示しています。

これは、可能性についてだけでなく、指導についての本でもあります。コンテンツのほぼ半分は、パスタ、ポレンタ、リゾットに捧げられています。残りはサラダ、スープ、野菜、そして肉で締めくくられます。レシピはシンプルで美味しく、そして重要なことに、それらは機能します。

これを与える:実践的な学習を高く評価する料理人。 —ジュリアナ・グライムス


リディアのイタリア料理の芸術をマスターすることはあなたが必要とする唯一のイタリア料理の本ですか?

私は2008年に料理本のレビューを始めました。それ以来、一見無限のイタリア料理本に出くわしました。すべてを1つの部屋にまとめると、健康に害があると見なされるほどのイタリア料理本です。必要に応じて、記憶からur-Italianクックブックをほとんど引用できるほどの十分なイタリアンクックブック。エンドツーエンドで積み上げられた十分なイタリア料理の本は、私の33階のオフィスに届くかもしれません。

すべての料理人が所有すべき10の料理本

しかし、ここにリディア・バスティアニッチがやってくる Lidia&#x27sイタリア料理の芸術をマスターする。タイトルが別の料理本の巨人、ジュリアチャイルドと非常に似ているという事実 フレンチクッキングの芸術をマスターする—間違いではありません。バスティアニッチはビジネスを意味します:本のサブタイトルは 素晴らしいイタリア料理人になるために知っておくべきことすべて。彼女はこれがあなたが所有する唯一のイタリア料理の本であることを望んでいます。 (または、少なくとも間違いなく、あなたが所有する3つのイタリア料理本のうちの1つです。)

それで彼女は古い学校に行きました。写真はありません。最小限のイラスト。出版社によると、多くの、多くの、多くのレシピ:400以上。 「100-125」は他の場所に登場しています。私はそれを許すことができます。ボロネーゼの新しいレシピを何回書くことができますか? (答えないでください。)

しかし、レシピよりも重要なのは、本の冒頭にあるイタリアの食材に関する88ページのガイドです。さて、私はあなたがすでに理解していると思うことを言うつもりです。私も理解できたと思いました。しかし、私はこの本を読むまで、しませんでした。

イタリア料理?季節の食材がすべてです。旬の食材。イタリアの。

これが意味すること:イタリア料理は、実際にイタリアで作られているようなものであり、他の場所で正確に再現できるものではありません。セロリのように見えるがアーティチョークのような味がする新鮮なカルドンは、カリフォルニア以外の米国では見つけるのが難しいですが、イタリア料理のいたるところにあります。サンマルツァーノトマトは 本当に サンマルツァーノ種がナポリ郊外のヴァッレデルサルノで栽培されている場合は、サンマルツァーノ種と見なされます(彼らができることを感謝し、どこにでも出荷できます)。リコッタチーズやマスカルポーネなどのフレッシュチーズはよく出荷されません。ここアメリカで特別なイタリアの食材、特に新鮮な食材を手に入れることができれば、イタリアで手に入るものとは少し異なる可能性があります。

しかし、それは大丈夫です。ローマで3年生のときに持っていたパスタを正確に再現することはできません。だから何?料理の包括的な精神は、ほとんどどこでも達成可能です。イタリア料理には、ローマからカリフォルニア、テキサス、ニューヨーク、メルボルン、ムンバイなど、常に新鮮な食材を取り入れるべきです。つまり、すべてのイタリア料理がイタリア料理から生まれているにもかかわらず、個々のイタリア料理は世界のさまざまな地域で異なって見えることを意味します。

そしてそれは88ページの材料ガイドをおそらくこの本の最も価値のある部分にします。即興を始める前に、伝統を学ぶ必要があります。

食材とそれらが料理で果たす役割についての適切なイタリアの理解により、レシピは マスタリング テクニックになります。私が作ったフダンソウ、リコッタチーズ、クルミのリングイネは、秋にはケール、春にはアスパラガスと同じように機能する可能性があります。スモークモッツァレラチーズとサラミをちりばめた削ったフェンネルサラダは、オリーブや生ハムなどの他の前菜の定番と一緒に素晴らしいでしょう。素晴らしい肉詰めナスは、ピーマンと同じようにうまく機能します。リストは続きます。

ただし、古典的なイタリア料理の包括的な百科事典を探しているのであれば、これはあなたの本ではありません。それは呼ばれます Lidia&#x27sイタリア料理の芸術をマスターする 理由があります。レシピの多くは彼女自身が作成したもので、(出版社によると)パンとプルーンのニョッキ、ケシの実のソースを添えたビートのラビオリなどがあります。


食通のための11のイタリア料理本

すべての製品は、編集チームによって独自に選択およびレビューされています。このページにはアフィリエイトリンクが含まれており、購入に対して少額の手数料がかかる場合がありますが、これは追加費用なしで、忠実な読者に最高品質のコンテンツを提供し続けるのに役立ちます。

リバーカフェクラシックイタリアンクックブック、 ローズグレイ&ルースロジャース、£17.99

何に最適ですか? フェイルセーフなイタリアの古典

これは、1987年にロンドンのリバーカフェをオープンしたデュオ、ローズグレイとルースロジャースが着手した壮大なイタリアの冒険をカプセル化した本です。彼らが調理したイタリアの家や都市の写真に加えて、お気に入りのブドウ園、市場、さらにはビーチ全体にちりばめられています。レシピの紹介でも思い出が共有されます。たとえば、ペストを使ったパスタシルクハンカチのインスピレーションは、ポルトフィーノ近くの小さなレストラン、ボートでしか行けないDaLauraで提供される透明なパスタシートから生まれました。

試してみる料理は多種多様で(スープ、パスタ、ニョッキ、リゾット、ポレンタ、パン、魚、肉など)、ソースとストックに完全に専念するセクションがあります。私たちのお気に入りには、赤ワインビネガー(素晴らしいトーストトッパー)フジッリとズッキーニとバター(とても甘くてバターのような)アーティチョークでマリネしたイワシが含まれます。その地域の祖母によって。

傑出したレシピ:クロスティーニ。にんにくでマリネしたふっくらとしたトマトとオリーブオイルがたっぷり入っているので、食べるとジュースが腕に流れ落ちます。

公開されたとき: 2009年9月

パスタのアンナ・デル・コンテ、 アンナデルコンテ、£15.99

何に最適ですか? パスタの強迫観念

それは、1920年代にムッソリーニが食品を禁止しようとしたことを含む、「最も用途の広い食品」の包括的な歴史から始まります(想像してみてください)。パスタの神話や伝説について読み、どのパスタの形がどのソースに最適であるかを学び、乾燥パスタを調理するための黄金のルールを発見します。それがレシピに到達する前のすべてです。

レシピは詳細で、本物で、正確ですが、ほとんどのイタリア料理と同様に、時間とまともな食材を投資すれば簡単に実現できます。ナポリのトマトやボロネーゼなどの基本的なソースが最初に来て、次にスープ、肉、魚、乳製品、野菜、焼きパスタ、詰め物のパスタ、さらには甘いパスタ料理が続きます。週半ばの定番料理には、スパゲッティアラピューリエーゼ(イワシがトマト、オリーブ、パセリソースにそのような深みのある味わいを加える)、サルサのパスタリゾッタタなどがあります。挑戦するには、あなた自身のタリアテッレを作り、それをレーズンとアーモンド(カターイフ)で甘い麺に変えてください。

また、必要な材料が非常に少ない(通常は安価な)簡単なレシピにも最適です。デルコンテは、オイル、ニンニク、唐辛子を使った彼女のスパゲッティは「私が知っている中で最も風味豊かなクイックソース」だと言います。ただし、特定のすばやく簡単なセクションはないため、確認する必要があります。そして、レシピ写真を期待しないでください。上品なモノクロの材料のスケッチだけです。

傑出したレシピ:ブカティーニアラカルボナーラほど本格的ではありません。アンナが許可するのは、豚の顎ではなくパンチェッタだけですが、それ以外のカルボナーラソースは、厳密には卵黄、ペコリーノ、溶かしバター、オリーブオイル、調味料です。

公開されたとき: 2015年9月

モダンイタリアンクック、 ジョー・トリベッリ、25ポンド

何に最適ですか? パスタの知識

シェフのジョー・トリベッリが、子供の頃の田舎との関係から始まり、モダンな料理のテイクで終わるイタリアの旅にあなたを連れて行きます。レシピはパスタ、野菜、魚・肉・卵、焼き菓子、スイーツに分かれていますが、便利なパスタガイド(絵付き)が必需品です。パスタの形の違いと、クアドラティーニからカヴァテッリまで、それぞれの作り方を説明しています。

傑出したレシピ:アーモンドとピーマンのスパゲットーニ。このアイデアは、ジョーの友人がアマルフィで食べた食事から生まれました。そこでは、フリギテッリと呼ばれるピーマンがあります。家の近くでは、ジョーはパドロンペッパーまたはより長い淡い緑色のトルコペッパーを使用しています。どちらでも大丈夫です(パドロンは素晴らしい熱を持っています)、パブサラダの特徴であった大きな濃い緑色の怪物を避けてください。

公開されたとき: 2019年3月

V enice:家庭料理の四季、 ラッセル・ノーマン、26ポンド

何に最適ですか? ベネチア志望者

ノーマンのポルポレストランチェーンに影響を与えたのはヴェネツィアであり、その場所に対する彼の熱意は明らかです。本質的に、この本は地元の人のように暮らし、料理したいという彼の願望の結果です。ヴェネツィアの住宅街にあるノーマンの素朴なキッチン(彼は1年かけて街を調査しました)が背景であり、ヴェネツィアの歴史についての洞察がたくさんあります。全体の建築と文化。

季節ごとに分けて、料理をできるだけ本格的に保つために、春野菜のグリルピザからメカジキのプッタネスカ、子牛のスローローストまで、130種類のレシピがあります。カクテルには独自のセクションがあり(ベリーニシャーベットを試してみてください)、メモにはノーマンのお気に入りの市場、サプライヤー、キッチンにいないときに訪れる場所が含まれています。写真は、レシピとヴェネツィア自体の両方で美しいです。

傑出したレシピ:揚げたセージの葉は根強い人気がありますが(高級スナックとしてオリーブやゴルゴンゾーラを添えることもあります)、次にアサリ、ボッタルガ、ホイップエンドウ豆を使ったスパゲッティに注目しています。

公開されたとき: 2018年3月

トルッロ、 ティム・シアダタン、25ポンド

何に最適ですか? イタリアのごちそう

ティムシアダタンはロンドンのレストラントゥルーロとパデラの背後にいるシェフであり、これは彼の最初の料理本です。レシピは、イタリアの古典に英国風のひねりを加え、前者の農産物(ほとんどのレシピは刺激的な食材を豊富に必要とします)と後者の調理技術を使用することがよくあります。

ユニークなことに、前菜に焦点が当てられています。約30の独創的で豪華なアイデアには、フォンティーナチーズ、スイートオニオン、サワードウ、ゴールデンガーリック、マルサラスープのシーバスカルパッチョとブラッドオレンジとフェンネル、ポットローストのブリュッセルもやしとクリスピーなパンチェッタ、栗、ゴルゴンゾーラフォンデュが含まれます。

また、パスタのインスピレーション(ソースとパスタを適切に組み合わせる方法に関する機能を含む)、バーベキュー、鍋とオーブン、付け合わせ、ごちそうのセクションもたくさんあります。そこには、ンドゥイヤとプルーン、ひよこ豆、赤唐辛子、ほうれん草、ローズマリーを詰めたローリングポークロインのシアダタンのレシピがあります。チェリーコーラフレーバーなど、試してみるアイスクリームやグラニテのレシピもたくさんあります。

傑出したレシピ:前菜セクションのほとんどすべて、特にローズマリーとオレンジの塩を添えたウサギ。

公開されたとき: 2017年7月

真夜中のトルテリーニ、エミコ・デイヴィス、26ポンド

何に最適ですか? 家族のイタリアのレシピ

家族のレシピで溢れるフードライターのエミコデイヴィスのスタイリッシュな本を持って、ターラントからトリノへ旅行しましょう。 3つの地域に分かれており、さまざまな世代から集められたレシピとともに、歴史、文化、食べ物を探求しています。ノンナアンナのミートボール、新鮮な豆腐チーズ、桃の詰め物など、肉、野菜、お菓子の混合物を期待してください。すべての料理には役立つ紹介が付いており(エミコが元のレシピに加えた変更を含む)、家族の写真が点在しているため、本に家宝のような雰囲気が加わります。

傑出したレシピ: この本の名前の由来であるトルテリーニアルスゴは、エミコの義理のない人が新年に料理をするために使用した料理です。

公開されたとき: 2019年3月

単にイタリア語:Chiappa Sistersと一緒に家で料理する、 ミケラ、エマヌエラ、ロミーナチアッパ、£15.99

何に最適ですか? 基本をマスターする

イタリアの遺産(家族は北イタリアの小さな村から来ています)、ウェールズの育成。このキアッパ姉妹のトリオは、イタリアのコミュニティで知られるウェールズの一部であるマーサーティドビルの近くで育ちました。そのため、ミケラ、エマヌエラ、ロミナは子供時代にポルチーニ茸を探し、家でパスタを作り、毎年恒例のウェールズ/イタリアの夏のピクニックで料理を共有していました。

この本は、マルチカラーのパスタ生地から、パルマハムとセージを添えたスピーディーなチキン、層状のモカトルテ、豆サラダ、パスタの巣まで、生涯にわたって学んだレシピのコレクションです。必ずしも本物とは限りません。イタリア料理をできるだけシンプルかつ迅速にすることを念頭に置いて、巧妙なひねりを加えることもあります(たとえば、ポルチーニのリゾットはご飯で作られています)。

傑出したレシピ:ティラミス。ほとんどのレシピよりもはるかに少ない砂糖で作られていますが、まったく苦しみません。

公開されたとき: 2014年4月

イタリアの屋台の食べ物、 Paola Bacchia、£25

何に最適ですか? イタリアの屋台の食べ物

このスタイリッシュなハードカバーの本でイタリアの屋台の食べ物のシーンを探索してください。簡単な紹介では、ファーストフードと屋台の食べ物の違いについて説明し、材料のメモも含まれています。たとえば、モッツァレラチーズの上にリコッタチーズを使用する理由や、フレッシュチーズと熟成チーズの違いなどです。インデックスは広範囲ですが、すべてのレシピが達成可能です。クロスティーニからカルツォーネまで、甘くておいしいものがカバーされているので、イタリアのスナック愛好家には必需品です。

傑出したレシピ: レモンとバジル、アフォガートとアペロール、オレンジなどのフレーバーのイタリアンジェラート。

公開されたとき: 2016年10月

ヴェネツィアのテーブル:私の家からのレシピ、 スカイマカルパイン、£26

何に最適ですか? ベネチア料理

作家であり家庭料理人でもあるスカイマカルパインは、この刺激的な本でヴェネツィアの文化と料理を探求しています。スカイは、ヴェネツィアがどのようにして彼女の家になったのか、そして彼女がどのようにレシピを作成したのかを説明します。料理が本物であるという主張はなく、彼女自身の料理の真実の説明です。甘い朝食、野菜、ランチ、アペリティーボ、魚、肉、デザートに分かれており、粘着性のあるペストリーからシンプルなリゾットまで、あらゆるものをカバーしています。ライフスタイルのショットが散りばめられており、最後に便利な店頭の必需品リストがあります。

傑出したレシピ: アスパラガスとプロセッコのリングイネ。

公開されたとき: 2018年3月

Nigellissima:イタリアのインスタントインスピレーション、ナイジェラローソン、£14.99

何に最適ですか? 素早く賢いイタリア語(っぽい)レシピ

これは、ナイジェラローソンの2012年のテレビシリーズに付随する本であり、今でも彼女のベストセラーの1つです。ナイジェラのレシピは伝統に根ざしていますが、ほとんどが厳密にイタリア語ではありません(ナイジェラが序文で喜んで認めている事実)。その代わり、 ニゲリシマ は、時間とシンプルさを意図的に考慮したイタリアンスタイルの料理のコレクションです。たとえば、伝統的なルーベースのマカロニはミニマカロニチーズになります。グリュイエールにコーンスターチを混ぜて、バーマス、マスカルポーネ、トリュフオイルソースをすばやく濃くします。

パスタだけではありません。肉(アンチョビとタイムのラムステーキ、パルマハムとオレガノのポークロインなどの群衆を喜ばせるもの)、クイックトレイベーク(イタリアンソーセージとチキン太もも)、魚とスピーディーなサイドディッシュもあります-店で購入したグノッキ、マスカルポーネ、パン粉を使用してくださいニゲラのグノッチグラタンを作るための小さなナツメグ。さらに、イタリアンソーセージを詰めた七面鳥、マルサラに浸したクランベリーのチャーンなしの栗のアイスクリームチョコレートサラミ、パネットーネスタイルのクリスマスケーキなど、完全にクリスマスに捧げられたセクションがあります。

レシピを前に作ることができるか冷凍することができるかについての情報は後ろにあり、すべての料理の美しいショットがあり、ほとんどのレシピは見つけやすい材料を必要とします。これは信頼できる定番であり、週の半ばにインスピレーションを得るためによく呼び出される種類の料理本です。

傑出したレシピ:チョコレートオリーブオイルケーキでなければなりません。誤って乳製品や小麦を含まないオイルとアーモンドを挽いたものが、最もイカれた、最も豪華な食感を生み出します。ナイジェラと同じように、ラズベリーとマスカルポーネを少しずつ加えて食べます。

公開されたとき: 2012年9月

シシリー製、ジョルジョロカテリ、£21

何に最適ですか? 厳密にシチリアのレシピ

ジョルジョロカテリは、シチリア島に夢中になっている男です。その豊かな緑、オレンジとレモンの木立、ブドウ園、そしてシンプルな料理です。 Made in Sicilyは、Giorgio’s Made in Italyのフォローアップ本で、島の食材、歴史、人々を探求することから始まり、ガイドブックのように読まれるほどの情熱を持って行われます。レシピは地域的で常に本物です。insalatadirinforzo(カリフラワーを祝う島のサラダ)、あらゆる種類のアランチーニ、アンチョビのパスタ、そして最も有名なシチリアのデザート、カッサータを作ります。

使用される材料は常にシチリアですので、ナス、ケッパー、オリーブ、豆、アーティチョーク、アンチョビをたっぷりと期待してください。パスタ、野菜、魚(シチリアの食事による)で最も重く、肉を入れる余地はあまりありません。ジョルジオの提案は単純なものであることがよくあります。ニンニクとパセリを非常に細かく刻んで2つのフレーバーを混ぜ合わせ、ほとんどすべてのものにトッピングできます。彼の最高のパスタソースの1つは、シンプルなピスタチオペストです。アーモンド、セロリ、ケーパー、レーズン、ザクロの種から作られたクリスマスカポナータなど、季節ごとの提案もあります。

傑出したレシピ: トラック運転手のパスタは、そのような名前で抵抗することは不可能です。実際には、バジル、ミント、スパゲッティ、ペコリーノ、トマトだけで作られた、新鮮でエレガントな料理です。ほとんどのイタリア料理と同様に、重要なのは高品質の材料と時間です。これらのトマトは、適切な風味を得るには少なくとも1時間マリネする必要があります。


2019年の最高のイタリア料理本

この物語はと共同で書かれました フォーブスが見つける 。 Forbes Findsは、あなたが気に入ると思う製品と体験をカバーしています。注目の製品は、あなたの便宜のために独立して選択され、リンクされています。このページのリンクを使用して何かを購入した場合、フォーブスはその販売のわずかなシェアを受け取る可能性があります。

バジルとモッツァレラチーズを詰めたフレッシュトマト

アメリカは長い間イタリア料理に全国的に執着してきました。薪で焼いたピザや輝くパスタから、パステルジェラートや羽のように軽いティラミスの雲まで、イタリア料理は常に大勢の人に喜ばれています。高品質の食材と軽い読書があれば、自分のキッチンでイタリア料理を作るのも比較的簡単です。

北イタリアのクラシックなホワイトソースと南イタリアの素朴なレッドソースのどちらを好む場合でも、両方に活気に満ちたモダンなひねりを加えたものが、今年の最新で最もエキサイティングなイタリア料理の本です。

ピアッティ:イタリアに触発された共有用のプレートとプラッター ステイシー・アディマンド

イタリアでの食事は、皿に盛り付けられているものだけでなく、共同での食事体験全体についても重要です。イタリア人と食事をすることを楽しんだことがある人なら誰でも、食事の時間は長く、良い仲間、そしておいしい料理とワインが特徴ののんびりとした出来事だと言うでしょう。 Saveur 雑誌のステイシーアディマンドは、共有を目的とした前菜スプレッドの75のレシピで、このお祭りの精神を探求しています。


あなたのコレクションに欠かせない7つの素晴らしいイタリア料理本

イタリアを訪れ、地元の人と共有して家庭料理を食べる機会を得ることは、間違いなくイタリア料理を知るための最良の方法です。しかし、場所にいることが選択肢ではない場合は、ここにあります さまざまな地域の料理の伝統を発見するための私たちのお気に入りの料理本のいくつか。 私たちのトップ7のお気に入りのこのコレクションは、刺激を与えるだけでなく、作家のそれぞれの興味深い外観も提供します イタリアに。 1つは来年6月に発行される予定ですので、事前注文でお問い合わせいただくことを強くお勧めします。地元の専門家の助けを借りてイタリアンスタイルを調理してみて、あなたの家をイタリアンフレーバーで満たしてください。ホリデーシーズンにちょうど間に合うように!

クリスティーナギルの ローマを味わう- 古代都市からの新鮮な味と忘れられたレシピ

イェール大学を卒業し、トルヴェルガタローマ大学でソムリエの資格とイタリアの美食文化の修士号を取得したケイティパルラは、2003年にローマに移りました。それ以来、彼女は本物のトラットリアから革新的なストリートフード、配管まで、永遠の都のフードシーンを配管しています。ローマの食べ物と飲み物の文化 ニューヨークタイムズ、ガーディアン もっと。 2016年に、一緒に クリスティーナ・ギル– 1999年以来ローマに住んでいる食品と旅行の写真家–彼女は、養子縁組された都市に捧げられたこの美しい本で彼女の経験を要約しました, マリオ・バターリによる序文付き。

のような心のこもった伝統的な料理のレシピ ニョッキ また カスタニョーレ (通常、四旬節の前の短い時間に作られ、食べられる小さな甘い揚げパン)とローマ系ユダヤ人の料理や クイントカルト (内臓の準備)それらの起源または成分の歴史の短い物語と一緒に行き、料理本を旅行の回想録にリンクし、そして読者をローマ料理の発見ツアーに連れて行きます。

クラークソンポッターによって発行された、ここで本を入手してください。

写真家クリスティーナ・ギルによるテイスティング・ローマ・クックブックからの写真

レイチェル・ロディの ローマの私のキッチン:イタリア料理のレシピとメモ

レイチェルロディの台所の流し台(テスタッチョにある彼女の家のローマの流し台、そしてジェーラにある夫の家族の家のシチリアの流し台)は、彼女のフードブログレイチェルイーツと彼女のInstagramフォロワーの読者に人気のある機能になっています。家庭的で親密で、料理の気配りの兆候がなく、シンクは、まな板、単にテーブルと市場の屋台をセットするだけで、伝統的な本物の国内のローマ人またはイタリアのレシピ。女優、作家、料理人であるレイチェルは、イタリアを旅する途中で立ち寄り、2005年に初めてローマを訪れました。それでも、彼女は最終的にテスタッチョ地区に恋をしました。 クイントカルト 伝統が生まれ、本格的なローマ料理の発見が始まりました。彼女の「流し台の物語」はその後、毎週のコラムになりました 保護者 そして最終的には本、 5つの四半期:ローマのキッチンからのレシピとメモ、ギルドオブフードライターズファーストブックアワード2015およびアンドレシモンフードブックアワード2015の受賞者。

家庭でテストされたレシピのフルセット(から 前菜ドルチ毎日のパスタ料理、豆のスープ、典型的な野菜のレシピを含む)この本は、レイチェルのイタリア料理への愛情と彼女の英国の若者の懐かしい思い出を組み合わせた、一種の魅惑的な料理の成人式です。 2016年に出版されたこの本の米国版は、タイトルの下にあります ローマの私のキッチン:イタリア料理のレシピとメモ。レイチェルは現在、2冊目の料理本で働いています。 2つのキッチン (ローマとシチリアの両方のレシピとストーリーをフィーチャー)2017年6月に公開されます。

Grand Central Life&amp Styleによって発行された、ここで本を入手してください。

パトリツィア・カンティーニの パトリツィアのイタリア料理本:トスカーナとエミリア・ロマーニャの100のレシピ

Patrizia Cantiniの意見では、新鮮なパスタは家族の幸せの真の秘密であり、それを作ることは純粋な創造性の行為です。これが彼女の最近出版された電子ブックにたくさんの新鮮なパスタがあり、彼女の家族が生まれた強い料理の伝統を持つ2つの地域、トスカーナとエミリア・ロマーニャから主に集められた100のレシピを集めている理由です。フィレンツェの中心部にある自宅で料理教室も開催している食品とワインのジャーナリストであるパトリツィアは、作り方を学びました。 タリアテッレ、ラザニアトルテリーニ 彼女が個人的に最高の伝統的なイタリア料理だと考えている–彼女が10代の頃、エミリア生まれの母親ミレラから。それでも、本はまた、次のようないくつかの肉や魚の料理を数えます ペポソ ビーフシチューまたはウミヒゴイ リボルネーゼ –主にパトリツィアの父ジョルジオのトスカーナの家族から来ています–菜食主義者と子供のためのレシピ、そして次のようないくつかの古典的なイタリアのデザート ティラミスパンナコッタ。すべてパトリツィアのクラスや家族の食事で繰り返しテストされているレシピは、世界中の市場で簡単に見つかる食材に基づいています。

もちろん、パスタはイタリア料理の象徴であり、手っ取り早い毎日のレシピから、次のようなより精巧で時間のかかるものまで、ほとんどが伝統的な料理に関連しています。 ぼろきれù また ティンバッロ。イタリア人シェフは長い間、スパゲッティやリガトーニなどのドライパスタを創造的な料理よりも国産の食材として考え、メニューに使用することを避けてきました。 This also due to the fear of the Italian client’s wrath, since the アルデンテ level changes from person to person and it’s very hard to outdo the homemade mamma’s パスタ。 Yet, in recent years things are changing and Italian chefs have started experiment with dry pasta. Food writer Eleonora Cozzella, working for L’Espresso Food&WineL’Espresso restaurant guide, witnessed this first hand, having hosted the pasta day at the IdentitNS Golose culinary congress since it first edition in 2009. In this beautiful book, she has collected 40 among the most intriguing and risky recipes proposed by the participating chefs, from Andrea Aprea to Marianna Vitale and pastry chef Gianluca Fusto. Many of them are pure provocations, defying well-established taboos and proposing intentionally overcooked – or rather, long cooked – pasta or sweet versions of it. Not easy to make at home, the recipes are more intended as a source of inspiration and reflection about the product itself. Yet, the book goes further, with a very interesting introduction: from odd anecdotes to local habits, from the origin of the different pasta shapes to the right matching with sauces, Cozzella goes deep into researching the historical and cultural background of Italy’s most beloved ingredient.

半分 Japanese, half Australian, Emiko Davies lived in China and US before settling in Tuscany, marrying a local sommelier and choosing Italy as her new country. She then started exploring local food and catching the differences between different regional cuisines. She mainly dedicates her time to the rich and fascinating Tuscan cuisine, and often finds a source of inspiration in Pellegrino Artusi’s cookbook dating back to 1891, the first consistent attempt to ratify and catalogue the huge heritage of Italian cuisine. Emiko has been sharing anecdotes, techniques and history behind regional recipes on her blog for over 8 years, besides contributing to Food52.com and to the Italian newspaper Corriere della Sera. Now has finally collected many of these and new ones in her first cookbook, Florentine: The True Cuisine of Florence, mixing authentic traditional recipes such as schiacciata all’uva (grape focaccia) or gnudi (spinach and ricotta dumplings) with evocative glimpses of Tuscan life and beautiful pictures the black & white photos of places and locations have been taken by herself while the recipe photographs were styled by Deb Kaloper and taken by Lauren Bamford. Emiko Davies is currently working on her second cookbook, Acquacotta, which will be out 1 March 2017.

Published by Hardie Grant

Photo by Lauren Bamford

Grown up in the Venetian countryside, often switching from her toys to cherry-picking or tomato canning, when Valeria Necchio moved to Padua to study she had to commit herself to preparing her own meals. Since then, she quickly turned into an “obsessed gastronome” and enrolled in a Masters program at the University of Gastronomic Science at Pollenzo. There she met her future husband, and the two moved to London soon after without changing their food lifestyle: local and seasonal food and Italian-inspired dishes, especially from Veneto and the Mediterranean. Since the first attempts as a University student to the London-based culinary experiments, she shared her recipes and stories on the blog Life Love Food, documenting them with beautiful pictures. She has now collected a number of Venetian inspired recipes in her first cookbook, Veneto: Recipes from an Italian Country Kitchen, to be released in June 2017. 100 recipes ranging from traditional to reinvented, including sarde in saor (marinated sardines), lasagne al radicchio e salsiccia (radicchio and sausage lasagna), baccalà alla veneta (stockfish stew) and gnocchi di zucca al Burro e noci (pumpkin gnocchi with butter & walnuts), are introduced by stories, anecdotes and insights about Veneto region and its food, in a personal, memoir-style perspective.

Everybody knows pizza, but does everybody knows that Neapolitan pizza is considered the forerunner of the world’s most loved food? Thin and soft, with an airy and well-grown cornicione (crust edge) so to fold it and eat it with your hands, ピザナポリピッツァ is an art handed down from one generation to another by local pizzaiolos, whose mastery has now been proposed to enlist in the global cultural Unesco Heritage.

The AVPN Association is committed to spread not just procedures, but also the culture, wisdom and tradition behind this antique profession, safeguarding the authentic tradition of Neapolitan pizza worldwide. At this purpose it also comes the publishing of this beautiful book, featuring 65 delicious recipes from the masters of the Association, with over 300 evocative photos by Vittorio Scioscia. Recipes are flanked by 50 short stories related to pizza and its indissoluble relationship with the city of Naples, where it is both a daily meal and an iconic item part of the local culture and lifestyle.

In other news, we at ITALY Magazine have this free eBook with 12 top Christmas recipes available to you by subscriving to our newsletter.


I Love New York: Ingredients and Recipes by Daniel Humm and Will Guidara

For whatever reason, this second cookbook by the team behind New York's four-star restaurant Eleven Madison Park seemed to fly under-the-radar and never gained the critical acclaim that their eponymous first book did. Another difference between the books? You can actually cook from this one. I Love New York is organized by ingredient, with at least two NYC-inspired recipes devoted to each—one more inaccessible fine-dining one, and one that's within the reach of any ambitious home cook. Bonus: Having trouble with any of the recipes found in the book? The restaurant has an email account set up to field them.

Recipes to Try: Beer-Battered Apples (page 66), Celery Root Risotto (116), Chamomile Vinegar (127), Sour Cherry Crumble (135), Milk and Honey (269), Lamb Rack with Cucumber Yogurt (277), Sheep's Milk Yogurt with Granola (426)


Right Now, We All Need a Little More Marcella

Italian cookbook legend Marcella Hazan preached for years about the need for radical simplicity in cooking. These days, we're all listening.

I&aposm camping out with my family at my father&aposs house for the pandemic, which means more space, sure, but none of my cookbooks. This may seem like an insignificant thing to gripe about right now, but since I&aposm also cooking more than I ever have in my life—three meals a day plus snacks for a toddler—I&aposve never needed my cookbooks more. Not just for recipe ideas, but for a certain kind of companionship: The trusted voice of a person who has spent a lifetime in the kitchen, paring down recipes to their essentials and guiding me with a firm, even mildly dictatorial hand. A voice of confidence and certainty and clarity, all things that are lacking in my life right now.

In other words, I really, really miss my Marcella Hazan.

Marcella&aposs lifetime output of published recipes is legendary. And while these recipes range from the surprisingly minimalist to the ambitious and uncompromising (carta de musica, anyone?), it&aposs the simple ones that I keep returning to. From a tomato, onion, and butter sauce that breaks all sauce-making rules to her super-simple roast chicken, Marcella had an unsung knack for defying convention to get at the heart of flavor, so her easiest recipes taste no more and no less delicious than any of her most complicated ones. (NB: That means they are very, very delicious.) The three recipes that follow are the ones I&aposve been turning to again and again, but her books have countless more recipes that are equally rock-solid and stripped down.

The Utterly Effortless Tomato Sauce

Marcella&aposs famous Tomato Sauce with Butter and Onion has an unassuming recipe title that conceals its radical essence. One of the very first things everyone learns about making tomato sauce is that you start by sauteing chopped onion or garlic, usually in olive oil. Here, there&aposs no chopping, no sauteing—there isn&apost even any olive oil. You simply combine a can of tomatoes, a halved peeled onion, a couple pats of butter, and a bit of salt and pepper in a pot and set it to simmer for 45 minutes, until, as Marcella likes to say, "the oil floats free of the sauce." The liberation that comes from knowing that you can chuck a few ingredients in a pot and attend to the rest of your life without having to mess with it can be just as soothing as mindless stirring. Marcella&aposs sauce has saved my sanity at more dinnertimes than I can count, and feels even more necessary now that sanity is in short supply.

You can toss this sauce with pasta and shower it with parm (or another hard grating cheese) and call it a day, or use it as a building block for stuffed shells (remember stuffed shells?) and chicken parm, or as a topping for a frittata, or thinned out to enjoy as soup. Everyone knows how versatile tomato sauce is once you have some on hand—make a double batch and stash half in the freezer and you will most definitely use it.

The Roast Chicken That Never Lets You Down

Her take on Roast Chicken with Lemons is iconic. No need for pre-salting or brining. No marinades or rubs. No elaborate shopping lists or rummaging through the pantry. Just the magical alchemy that happens when heat hits a salted, lemon-stuffed chicken.

As Marcella herself put it in the headnote to the recipe:

"If this were a still life its title could be &aposChicken with Two Lemons.&apos That is all that there is in it. No fat to cook with, no basting to do, no stuffing to prepare, no condiments except for salt and pepper. After you put the chicken in the oven you turn it just once. The bird, with its two lemons, and the oven do all the rest."

Plenty of people have stuck a lemon into a chicken, thrown it in the oven, and eaten a perfectly serviceable roast chicken about an hour later. But though Marcella&aposs recipe is simple, it&aposs not simplistic. There are a few grace notes that transform this chicken into one of the juiciest, most lemony roast chickens you&aposll ever have the luck to taste.

First, instead of halving the lemons as most people do, you torment them by stabbing them with a skewer, over and over, before placing them in the cavity. What you risk in an unnecessary trip to the hospital, you gain in abundant lemony goodness that permeates the bird. Next, the trussing. I&aposm generally not one to truss, since it&aposs so fussy and can interfere with browning. But Marcella&aposs decidedly non-French take on trussing—just securing the cavity of the bird closed with toothpicks and tying the drumsticks together not-t00-tightly—helps turn the chicken into an oblong orb of juiciness while the bird still browns nicely.

And finally, she starts the bird roasting breast-side down, then flips it (I like to use a couple of wadded-up paper towels for this task) after the first 30 minutes to roast breast-side up  for another 30, and then raises the temperature to 400F for the final 20 minutes or so of cooking. Just a couple small details that take the guesswork out of a weeknight dinner staple.

A Meat Sauce to Stockpile in Mass Quantities

If you look up recipes for Sunday Sauce, the list of ingredients quickly becomes overwhelming: braciole, sausages, ground beef for meatballs. Marcella&aposs Bolognese, however, is project cooking for Our Times. No triumvirate of ground veal, pork, and beef necessary𠅊ll you need is beef, plus canned tomatoes, your typical aromatics (onion, celery, carrots), white wine (I use vermouth), milk, and a combo of butter and olive oil as your cooking fats. After the initial sauteing of vegetables, you brown the meat, simmer it with milk, add a bit of wine and simmer more, then add tomatoes and set the timer. And then the party starts. For three glorious hours, your home becomes progressively homier as the scent of homemade meat sauce builds. Getting up to stir the pot every once in awhile almost feels like tending to a pet (strange, but true).

And you&aposll eventually have a pot of Bolognese with unlimited possibilities. I&aposve turned it into shepherd&aposs pie filling, topped it with macaroni and cheese, tossed it with cooked lasagna noodles and dollops of ricotta. I&aposve made double and triple batches to stash in the freezer, where it lasts for months, a godsend on nights when you&aposre faint from hunger and too tired to turn on the stove. Like most of Marcella&aposs recipes, it&aposs a rendition without a single extra ingredient, delivering comfort without demanding too much effort in return. Whether Marcella&aposs style was driven by kindness towards fellow home cooks or a dislike of unnecessary embellishment doesn&apost much matter. What matters is, she&aposs here for me𠅊nd for all of us.


2. Giada at Home (2010)

After Giada had her daughter, Jade, there was a distinct shift in her recipes.両方 Giada at HomeWeeknights with Giada were number-one ニューヨーク・タイムズ bestsellers, and beautiful cookbooks, beloved by fans. They broke out of the Italian classics, and brought it home to California, letting Giada open up about how she cooks for her family as a busy working mom. They definitely feel more personal, including photos with her then-husband and Jade. If you want quick and easy dinners, go for Weeknights, which sold nearly 100,000 copies the year it was released. But for my money, I really love , which is her top-rated title on Goodreads, so maybe readers agree. She blends family traditions with fresh twists, and with chapters on apps, sides, sweets, and brunch, you can use it anytime you’re bringing family and friends together.

The best recipes: The pea pesto crostini and artichoke and bean bruschetta are tempting bites, while the melon and grilled asparagus salad refreshes a favorite veggie. But readers can’t stop scarfing the espresso caramel bars.


8 Of The Best Italian Cookbooks (PHOTOS)

Just so you know, I'm a Swede. Warner Brothers brought my mother to America when I was three and she was an actress all of her life. She never cooked. She ate cottage cheese and blueberries. My nanny baked. Thank goodness for that. Until I was eighteen, Italian food was defined by the local pizza place. I came late to great Italian food but, like many things with me, once I get there, I am there with a vengeance.

My first boyfriend had a home in Sagaponack and, as a result, I was lucky to spend many weekends in Amagansett with the Nivolas -- Tino was a sculptor from Sicily and Ruth was from Naples. I spent hours chopping in her kitchen. I was in love with their family. I wanted it to be my own. their painted floors, their long dinners and hours of conversation over deeply simmered foods, which filled the house with smells all day. their garden.

And, then, I fell in love with Pierangelo Bottinelli from Lugano, in the Italian part of Switzerland and his mother made me vitello tonnato when I first visited. I was firmly seduced. It was clear that Italian food was no longer defined by spaghetti and tomato sauce.

Full disclosure: as the publisher of Welcome Books, I had to choose a few of my own.