新しいレシピ

ニュージャージーのポークロールへのこだわりがテイラーハムアイスクリームで新たな高みに到達

ニュージャージーのポークロールへのこだわりがテイラーハムアイスクリームで新たな高みに到達


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

貴重な肉は、ガーデンステートの朝食サンドイッチによく使用されます

左:istockphoto.com;右:Windy BrowFarms提供

アイスクリームは、農場の「OnlyinJersey」コレクションの一部です。

ニュージャージーのポークロールへの執着は奇妙になりました。フレドンタウンシップのWindyBrow Farmsは、最愛のテイラーハム加工肉とアイスクリームで作られたフランケンフェクショナリーを作成しました。スクープは3ドルから6.50ドルの範囲で、持ち帰り用のパイントは8ドルに戻ります。

マネージングパートナーであり、自称アイスクリームメーカー、パン屋、農家のジェイクハントは、この新しい味覚の背後にある頭脳です。この28歳の女性は、秋に販売された人気のフレーバーである、スタンドのメープルベーコンアイスクリームを作り上げました。ポークロールはニュージャージーの定番なので、それは理にかなっています。

確かに、ハムだけのアイスクリームは下品でしょう。そのため、ハントは地元のメープルシロップで作られたアイスクリームベースから始めます。カラフレンチトーストとシナモンシュガーキャラメルテイラーハムポークロールのビットが後に追加されます。

これまでのところ、冷菓はさまざまなフィードバックを集めています。ハントはデイリーミールに、遠くからアイスクリームを見ただけの人は「試したことがないので嫌だ」と言っていますが、実際に店を訪れた人は「それが好きだった、または少なくともそうではなかったと思った」と語った。悪くない」ハントは、誰かが実際に味を嫌うことになった場合、他に15種類の種類があると付け加えました。


ハントは、味が恐ろしいことを知っていますが、躊躇している顧客に「本を表紙で判断しないでください」とアドバイスしています。

テイラーハムのアイスクリームは、ウィンディブロウの「オンリーインジャージー」コレクションで計画されている5つの冷凍デザートの最初のものにすぎません。これまでのところ、ラインナップの他の2つのフレーバーのみが確認されています。次は、リコッタチーズ、ローストトマト、バルサミコ酢、砂糖漬けのバジルを添えたトマトパイアイスクリームで、コーンブレッドと蜂蜜で作ったスイートコーンカスタードが続きます。甘いおやつを本当の形で保ちたい場合は、代わりに世界の35の最高のアイスクリームパーラーから何かを選んでください。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、入居を登録するために、公式の手紙を添えて複製を元の世帯登記所に送付するも​​のとします。前2項の規定は、第4条第4項により中国本土の国民となった登録国民には適用されません。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは、目的の国または地域に彼らを護衛するために役員を割り当てるものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への入国および/または国からの出国を禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域に居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の書類3.ROCの国籍を証明するのに十分な書類4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類とともに新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、対象となる世帯登記所の管轄区域内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡とともに複製を元の世帯登記所に送付して入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは、目的の国または地域に彼らを護衛するために役員を割り当てるものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への入国および/または国からの出国を禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域に居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の書類3.ROCの国籍を証明するのに十分な書類4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類とともに新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、対象となる世帯登記所の管轄区域内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡とともに複製を元の世帯登記所に送付して入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは、目的の国または地域に彼らを護衛するために役員を割り当てるものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


の検索結果

リポジトリ: ウィキブックス-オープンコンテンツの教科書

https://web.archive.org/web/20051224004409/http //www.immigration.gov.tw/e immig / eng / 2.htmからの1999年現在の移民法の施行規則は、後で修正された記事とともに以下に示されています。 2008年8月5日以前は別のページにあります。ソースタイトルには「of」と「Immigration」の間に「the」という単語がないため、文法が間違っています。第1条施行規則は、入国管理法(以下、同法)第69条に基づいて制定されています。第2条法に規定されている中華民国の統一前に国に出入りすることは、台湾地域に出入りすることを指します。第3条法第3条第6項および第7項に記載されている居住期間とは、訪問または居住の継続期間を指します。法第3条第7項に規定されている台湾地域での6か月以上の居住は、法第8条第1項に規定されている、またはその他の例外的な事件によって引き起こされた長期滞在を除外するものとします。法第5条第1項に規定する第4条戸籍のある国民(以下、登録国民といいます)とは、現在、戸籍を持って台湾地域に居住または居住しており、ROC国籍を失っていない、または持っていない国民を指します。の第2条のサブパラグラフ4に従って、中国本土の市民になるために彼らの地位を変更しなかった。第5条内務省の入国管理局(以下、BOIと呼ぶ)は、文民または軍の司法当局または管轄の中央当局から、第1項の第1項および第9項に従って国からの退去を禁止する理由を通知されるものとする。法第6条の中で、BOIは、関連する管轄当局から、州への出入りを禁止する他の理由について通知を受けるものとする。 BOIは、理由の州からの退出を禁止された者に書面で通知するものとし、そのような通知は法律に従って配信されるものとします。第6条管轄の中央当局または他の管轄当局は、そのような禁止が必要でなくなった場合に限り、国家への出入りの禁止を取り消すように直ちにBOIに通知しなければならない。第7条BOIは、州への出入りを禁止するさまざまな管轄の中央当局または他の管轄当局から通知されたすべての事件を毎年レビューするものとします。未払いの税金が関係するケースは、5年以上保留されていない限りレビューされないものとします。第8条(政府訳の欠落)(後の改正)(後の改正)第9条台湾地域に戸籍のない国民(以下、未登録国民と呼ぶ)は、第8条に従い、入国後の滞在延長をBOIに申請するものとする。法の。彼らはBOIに以下の書類を提出しなければならない。1。滞在延長の申請書2.入国および出国許可3.浮遊人口の登録の写しおよび4.その他の関連書類。第10条法第9条第1項第3項に記載の「一定額の資本」とは、NT $ 10 000000を指す。第11条第11項第5項に記載の「特別な技能と経験」法第9条の1は、次のいずれかの事例に言及している。1。新興産業における専門的スキルを有する主要な技術主要なコンポーネントおよび製品2.光電気通信技術における卓越した業績を有する産業オートメーションアプライドマテリアルズ高度なセンシングシステムバイオ技術資源開発または関連する専門知識が緊急に必要であるか、台湾地域で短期間で栽培できない省エネ3.高速道路高速鉄道大量高速輸送システム通信航空ナビゲーション深海建設気象学または地震学の分野で特別な成果を上げている関連する専門知識が緊急に必要であるか、または台湾地域での短期間の期間、または4.これらの分野を担当する中央当局によってその場で批准された他の特別なスキルと経験を持っていること。第12条外国市民権を持たない未登録の国民が台湾地域の雇用サービス法第43条第1項に規定された雇用に従事し、同法第9条第1項第7項または第10項に従って居住を申請する場合。それらの申請は、外国人の雇用許可に関する雇用サービス法の規定に従って、BOIによって審査されるものとします。第13条法第9条第3項に定める個人とは、台湾地域で戸籍を有する配偶者と4年以上結婚している者のことです。第14条台湾地域での居住を申請する未登録の国民は、以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.海外居住の文書3.ROCの国籍を証明するのに十分な文書4.海外居住の警察通関記録5。健康診断の証明書および6.その他の関連文書。申請者が未成年の場合、または申請者の海外居住の関連機関が警察の通関記録を提出しない、または提供できない場合当該申請者は、前項第4項に規定する書類の提出を免除されるものとします。法第9条第3項の規定により年次割当の対象となる居住者は、割当に記載されている間、前第1項第5項に定める書類を提出しなければならない。第28条第1項第3項第1項第5項第35条第1項第2項に規定する健康診断書に記載されている検査項目は、行政院保健局。第15条台湾地域への居住を申請する未登録の国民は、前条の第1項で指定されたすべての書類とともに、地方のROC大使館駐在員事務所または外務省によって認可された組織(以下、ROC海外ミッションと呼ぶ)に適用されるものとする。 BOI役員が配置されたROC海外ミッションでは、役員はそのような申請書をレビューするものとします。そうでない場合、申請書は他の割り当てられた役員によってレビューされ、BOIに照会されます。前項の未登録国民がROC海外使節団のない国または地区に居住している場合は、華僑委員会が承認した華僑組織または華僑委員会が承認した地元のサービスセンターに申請書を提出することができます。モンゴルチベット問題委員会によるレビューと華僑委員会への紹介のためのモンゴルチベット問題委員会または問題の国または地区を同時に担当するROC海外ミッションは、申請書をBOIに照会します。州に入国した未登録の国民は、前条第16条第1項に記載の書類で直接BOIに申請することができます。州でROC国籍を取得し、居住を申請する予定の人は、以下の書類でBOIに申請するものとします。 1.居住申請書および2.ROC国籍の取得を証明する文書のコピー。第17条前2条に定める申請を受けた機関及び団体は、出願時またはそれ以降に面接を行うことができる。面接官は面接の概要を作成し、申請書に添付することができます。申請者が14歳未満の場合は、法定代理人または昇順の直系の親族の面接を受けます。第18条台湾地域への居住申請が第14条第1項または第15条第2項の手続きに従って承認された場合、BOIは台湾地域の入国許可と重複した居住証明書を発行し、地元に送付するも​​のとする。申請者に転送するためのROC海外ミッション、または申請者に転送するために地元の海外中国組織またはサービスセンターに配信するために海外中国問題委員会にそれらを配信するためのモンゴルチベット問題委員会。前項の申請者は、国に到着した翌日から15日以内に、台湾地域の居住証明書と引き換えに、重複した台湾地域の居住証明書を直接BOIに返還しなければならない。申請者が14歳未満の場合、法定代理人が申請者に代わって、複製を直接返送するか、書留郵便で請求することができます。台湾地域での居住の申請が第15条または第16条の第3項の手順に従って承認された場合、BOIは台湾地域の居住証明書を直接発行するものとします。第19条台湾地域の入国許可証と中華民国居留証書の複製は、発行の翌日から6か月間有効です。有効期間中に州への入国が行われない場合、申請者は、期限が切れる前に元の文書の延長をBOIに申請することができます。延長は、元の文書の有効期限が切れた翌日から始まり、1回のみに制限されます。第20条台湾地域の居住証明書は、台湾地域に居住している間の身分証明書であり、州に到着した翌日から3年間有効です。その所有者が通常の兵役で徴兵される男性である場合、証明書は1年6か月間有効です。第15条または第16条の第3項の手続きに従って申請が行われた場合、台湾地域の居住証明書の滞在の有効性は発行の翌日から始まります。第21条未登録の国民が台湾地域での居住中に居住地を変更した場合、承認を得るために以下の書類を添えて新しい土地を提出するものとします。同じ手順が同行する配偶者および未成年の子供にも適用されます。根拠2.台湾地域の居住者証明書3.浮遊人口の登録のコピーおよび4.その他の関連文書。第22条許可を得て入国してから10日以内に滞在し、法第9条第3項に基づく居住申請の年間割当制限の対象となった未登録国民は、オーバーステイごとに1年遅れの年間割り当て。法第8条第1項に記載されている場合による超過滞在は免除されるものとします。第23条未登録の国民は、本来の居住地が変更されていない場合、満了する前に台湾地域の居住者証明書の延長を申請することができます。未登録の国民が法第9条第1項第1項に従って居住を申請する場合、居住延長の申請は、関係する親族が死亡した後にのみ一度許可されるものとする。前項の延長は、毎回2年間有効です。国民が通常の兵役に徴兵される男性の場合、延長は1年間有効です。第24条前条の規定により在留期間の延長を申請する者は、以下の書類をもってBOIに申請しなければならない。 。その他の関連ドキュメント。第25条居住の申請が年間割当の対象となる未登録の国民については、同行する未成年者または養子の年齢または同行する配偶者の地位は、年間割当に記載されたときに決定されるものとする。前項の申請者及び同行する申請者は、同一の年間割当について記載しなければならない。 (後の改正)(後の改正)第28条台湾地域の登録永住権を申請する予定の未登録の国民は、以下の書類を添えてBOIに申請するものとします。1。登録永住権申請書2.台湾地域の居住証明書とコピー浮遊人口の登録の3.健康診断の証明書および4.その他の関連文書。第10条第1項第2項第4項に従って提出された出願は、前項第2項に記載された書類から免除される。登録永住権を申請する予定の未登録国民の申請者の同伴する未成年者または配偶者は、未登録国民と一緒に、または未登録国民が登録永住権を開始した後に申請を提出するものとします。第29条台湾地域で戸籍を有し、州でROC国籍を回復した国民は、以下の書類を用いてBOIに登録永住権を申請するものとする。1。登録永住権申請書2.国籍の回復を認める証明書および3.関連文書。前項の手続きに従って許可を申請する国民の場合、BOIは重複入国許可を発行し、ROCビザにスタンプを、外国のパスポートにエントリースタンプを貼付するものとします。第30条台湾地域の登録永住権を付与された未登録の国民は、台湾地域の登録永住権証明書を発行されるものとします。 BOIは、永住権を登録するために、公式の手紙とともに証明書を目的の世帯登録事務所に送信し、未登録の国民に通知するために手紙のカーボンコピーを送信するものとします。前項の申請者は、目的の世帯登記所の管轄内に居住していない場合は、台湾地域の登録永住権証明書に記載されている住所の変更を世帯登記所に申請し、世帯登記所は正式な書簡を添えて証明書を送付します。申請者が実際に居住する場所を管轄する世帯登記所へ。第31条施行規則の第16条または法第10条の第1項の第4項に従って居住権または登録永住権を付与された申請者の場合、BOIはROCビザにスタンプを、外国のパスポートに入国スタンプを貼付するものとします。第32条2年以上国を出国した登録国民については、世帯登録を担当する戸籍局は、第20条第2項及び第42条に従って退去を登録しなければならない。前項の登録国民は、元の世帯登記所に、ROCパスポートまたは重複入国許可証を持って州に入国してから30日以内に入居登録を申請するものとします。元の世帯登記所の管轄内に居住していない国民は、現在の居住地を管轄する世帯登記所に、退去を登録し、元の世帯登記簿によって発行された世帯記録に入居を登録するよう申請するものとします。オフィス。第33条許可なく入国したり、他人または偽造された文書を使用して入国する登録国民は、検察庁が調査を行った後、次の書類を用いて入国延期申請をしなければならない。法第59条に基づく罰金:1。入国申請書2.起訴の却下またはその他の関連文書のコピー3.台湾地域の世帯登録の元の身分証明書または世帯登録の写しのコピー。 BOIは、台湾地域の戸籍が回復したことを明記し、前項の登録国民に重複入国許可を発行するものとします。元の世帯登記所が退去を登録した場合、BOIは、正式な書簡を添えて複製を元の世帯登記所に送付し、入居を登録するものとします。前2項の規定は、の第4条のサブパラグラフ4に基づく中国本土地域。第34条法が施行される前に国に入る未登録の国民は、法第15条第1項に従って国から強制送還することはできず、法第16条第2項に従って居住を認められるものとする。上記の未登録の国民は、居住権を付与され、台湾地域に3年間継続して居住した後、台湾地域の登録永住権を申請することができます。第35条法第16条第2項に記載の無国籍者または前項の未登録国民は、BOIに居住を申請するために以下の書類を提出しなければならない。1。居住申請書2.健康診断証明書および3。関連するドキュメント。台湾地域で先行する無国籍の申請者によって出産された子供は、両親と一緒に居住を申請することができます。法施行規則第17条に定める面接は、前2項の申請者に適用することができる。パラグラフ1のサブパラグラフ2に記載されている健康診断の不適格な項目は、行政院の保健省にBOIから通知されるものとします。パラグラフ1のサブパラグラフ3に記載されている関連文書は、次の1.パスポート2.入国許可3.起訴または解雇の写し4.出生証明書5.入国証明書および6.国籍を証明するのに十分なその他の文書を参照しています。 ROC。第36条前条第1項に記載のように、他人のパスポートを偽造して、または許可なく入国した申請者は、検察官がそのような犯罪の捜査を終了するまで居住を申請することはできない。 (後に改正)法に記載されている第38条のエイリアンには、無国籍者が含まれます。第39条外務省およびROC居住ビザの外国人申請を処理するROC海外ミッションは、法第21条第2項に規定された割当量に従ってビザを発行するものとする。割り当てについて不確実性が生じた場合、そのような申請は承認のためにBOIに転送されるものとします。外務省とROCの海外ミッションは、ビザを発行した後、関連書類とともに重複したビザ申請書をBOIに提出するものとします。第40条継続法定在留期間とは、法第23条第1項に規定する外国人居住証明書の所持者が修了した在留期間を指し、いわゆる継続法定在留期間には、法定訪問および在留期間が含まれます。永住権の申請は、法第23条第1項に規定する在留期間の終了後2年以内に提出し、法の施行前に完了した在留期間を含めるものとする。第41条法第23条第1項第2項に述べられているまともな性格は、過去5年間に、懲役または重大な刑罰の主たる罰で罰せられる犯罪が行われていない、または公序良俗に反しないという事実に言及している。そして、BOIによって決定された良い習慣が約束されました。 (後日改正)(後日改正)第44条ROC国籍を同時に有し、ROC市民として入国許可および出国許可を申請する個人は、第30条第6項および第7項に従って外国人居住証明書または外国人永住証明書を取り消すものとする。法第31条。このような失効は、個人がROCパスポートを申請および受領した後、BOIによって処理されるものとし、登録された国民は、法第5条第1項に記載されているように、事前の許可申請なしに州に出入りすることができます。効果。 (後日改正)第46条法第15条第1項に基づいて国外追放された未登録の国民または法第34条に基づいて強制送還された外国人は、航空運賃/(汽船)運賃を負担するものとする。彼らが余裕がない場合、他の法律で別段の定めがない限り、代わりにBOIが資金を提供するものとします。第47条未登録の国民または外国人を国外追放する場合BOIは、対象を空港/港に護衛するために役員を任命し、彼らの出口を監視し、保管のために航空機または船舶の船長に文書を渡すものとする。強制送還または国外追放の可能性のある抵抗の場合、BOIは彼らを目的の国または地域に護衛するために役員を任命するものとします。第48条法第41条第2項に規定する輸送サービスの所有者が負担する関連支出には、宿泊施設の生活医療費および管轄当局が出席のために支払う費用が含まれるものとする。第49条所管官庁は、地理的環境社会的背景政治法経済文化教育人員需要および受入国または地区の移民資格に関する情報を収集および編集し、移民を意図する人々に公に参照するための情報を提供するものとする。管轄当局は、関連機関に移民計画相談セミナーの実施を委託したり、潜在的な移民が受入国に適応して首尾よく雇用されるのを支援するための言語および技術トレーニングを提供したりする場合があります。第50条所管官庁は、ROC市民を拒否する国または地域の外国戦争の流行に関する情報を収集し、公開するために適時に情報を公開するものとする。戦争の流行が勃発したり、ROC市民が拒否されたりする国や地域への移住を計画しているROC市民に代わって行動する移民サービス組織は、事前に対象を思いとどまらせるものとします。第51条第44条に規定されている民間組織とは、法に基づいて設立された法人移民組織または移民サービス組織を指します。大量移民を実施する民間組織は、最初に受入国と協議し、管轄当局は外務省と調整して、受入国政府との大量移民協定に署名する政府を代表するものとします。管轄当局は、外務省財務省経済部教育省海外中国問題委員会行政院農業委員会行政院労働委員会などの関連部門に参加して、受領国に役員を派遣することができます。大量移民の実現可能性を研究する分野。第52条国際経済協力投資による互恵の原則に基づく所轄官庁は、海外投資に報いる農業技術協力またはその他の措置により、ROC移民を歓迎する国または地域との大量移民協力協定に署名し、外務省と調整して政府が受入国政府と大量移民協定に署名する管轄当局は、関連機関またはグループに、大量移民の計画の選択と訓練を実施し、移民にカウンセリング支援と出席を提供するよう依頼することができます。第53条法第47条第4項に規定する入国管理局とは、事業組織法または民間組織法に基づき、入国管理を行う機関をいいます。第54条BOIは、事実と証拠を検証する必要性を考慮して、関係者に意見を表明するよう通知する通知書を送付することができる。第55条事実と証拠を検証する必要性を考慮したBOIは、関連当事者または第三者に必要な文書データまたは記事の提供を要求する場合があります。第56条BOIは、認証を実施するために適切な個人機関または組織を選択することができます。第57条BOIは、事実を完全に理解するために、調査および調査を行うことができる。第58条法または施行規則に従って発行された出入港許可証が破損または紛失した場合、または次の書類を提出して再発行を申請する場合、交換または再発行が発行された場合、元の許可証は無効になります1 。出入国許可申請書および2.破損または紛失した文書に関するアフィダビット。第59条台湾地域の居住者証明書外国人居住者証明書法または施行規則に従って発行された外国人永住者証明書または入国管理局登録証明書が破損または紛失した場合。元の証明書の残りの有効期間を超えない期間有効である交換または再発行は、以下の書類を提出することによって申請されるものとします。1。居住または入国管理サービス登録申請書2.申請が資格があり、3。破損または紛失した証明書に関する宣誓供述書。第60条法第64条第1項に従って指紋を採取する者は、すべての指紋を採取するものとする。指の障害のために指紋をとることができない場合は、注意を払う必要があります。外国人居住者証明書を申請する際に指紋を採取した外国人は、外国人永住者証明書を申請する際に免除されるものとします。法第64条第1項に従って指紋を採取していない個人は、14歳に達した後、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取するものとします。第61条法が施行される前に台湾地域の在留証明書または外国人居住証明書を所持していた個人は、証明書の延長または変更を申請する際に指紋を採取しなければならない。 (後の改正)(後の改正)(後の改正)(後の削除)第66条施行規則は、発行日から施行される。


ビデオを見る: 妊婦生活つわり夫婦関係体の変化メンタルヘルス国際結婚アメリカ生活黒人ハーフ (六月 2022).


コメント:

  1. Grover

    はい、あなたは正しく言った

  2. Washbourne

    あなたは間違いを犯しています。私はそれを証明することができます。 PMで私にメールしてください、私たちは話し合います。

  3. Forester

    私は既に持っています

  4. Akinokus

    喜んで受け入れます。私の意見では、これは適切です、私は議論に参加します。私たちは一緒に正しい答えに到達できることを知っています。



メッセージを書く